So-net無料ブログ作成

WEEK8 @BUFプレビュー

 明るい材料が何もなく、プレビューを書くモチベーションも下がっています。。。

1、QBジョン・ベック

 重苦しい雰囲気を打開するには、オフェンスが爆発するしかないです。特にBUFの強力オフェンスとウチの下降ディフェンスのギャップを考えると、ある程度点を取らないとキビシイです。

 問題はベックですが、CAR戦の後半、プレーアクションからのミドルレンジのパスがいい感じで決まっていましたし、プレーコールがはまれば爆発できるチャンスはあるのではないかと。OCカイルには、CAR戦前半のように安全運転のプレーコールではなく、積極的なプレーコールを期待。

2、若手の台頭

 WRモスとRBハイタワーというオフェンスの要がケガで離脱したのはイタイですが、若手にとってはアピールする絶好のチャンス。ファンとしても若手の台頭しか楽しみがないので、ぜひともハッスルしてほしいです。

 RBでは当然、ルーキーのロイ・ヘルーに期待。今までプレータイムが短く、持ち味を発揮できていない印象でした。BUF戦ではかなりのプレータイムを与えられると思うので、電撃的なランが出ないかな~。

 WRモスの代役は、アームストロング、2年目のオースティン、ルーキーのポール。個人的に一番の期待はオースティン。ベックとの相性の良さを感じます。スピードではアームストロングが一番でしょうが、少々ドロップが多いのが気になるところ。ルーキーのポールはシャナハンから高く評価されているようで、スターターもあるかも。

3、RBフレッド・ジャクソン

 BUFのオフェンスはF・ジャクソンのランが柱という印象。とにかく彼のランを止めることに比重を置くことになるかと。yu-ra91さんが指摘されていたように、オラクポサイドへのカウンターのランは要注意。毎度、毎度、同じパターンでやられたら情けないです。

4、ロスター変動

 TEクーリーがIR入りしたことを受け、ドミニク・バードというTEをロスターに入れました。2006年のドラフト3巡でラムズに加入していますが、通算6キャッチ、83ヤード止まり。フレッド・デービスと同じUSCの出身。過度の期待はできなさそうですが、TEはうちのオフェンスの生命線だと思うので、頑張ってほしいです。

 ハイタワーのIR入りで空いた枠には、いったんC/Gジョナサン・コンパスという選手を入れましたが、練習でイマイチだったらしく、もうカットされ、ルーキーのCBブランディン・トンプソンをPSから引き上げました。OLのデプスが薄いので、コンパスという選手が使えなかったのは残念ですが、CBの補強も必要だと思っていたので、トンプソンの再昇格には賛成です。CAR戦ではジョシュ・ウィルソン、ケヴィン・バーンズがメロメロでしたし、フィリップ・ブキャノンもケガでコンディションが良くないですから。

 ただ、PSからルーキーのRBロイスターの昇格を見送ったことで、RBトレイン、ヘルーの2人体制。トレインはケガが多いですし、ちょっと心配。

5、根性見せろ!

 いきなり精神論になってしまいますが、何より根性を見せてほしい。CAR戦のようになすすべなく負けてしまうという試合は勘弁。このままズルズル負け続けるか、地区優勝争いに踏みとどまれるか、正念場だと思います。アウェーですし、戦力的にもアンダードッグでしょうから、覇気を見せないことにはお話にならないです。