So-net無料ブログ作成
検索選択

WEEK4 ラムズに逃げ切り勝利!

スキンズ 17―10 ラムズ

 いや~、体に悪い試合でしたね~。プレビューでは心臓に優しい試合をお願いしたはずなんですけど(苦笑)。特に、4QのグロスマンのINTは呼吸が止まるかと思いました。同点→OTで敗戦→憂鬱なバイウイーク、という悪夢のシナリオが脳裏を駆けめぐりましたw ただ、PHIもDALも逃げ切りに失敗したそうなので、エスケープできただけよしとしましょう。

オフェンス

 グロスマン、週を追うごとにワロスマン化していきますねえ。1本目のINTはWRモスがボールを弾いたものなのでグロスマンのせいじゃないですが、2本目はなあ~。堅実なドライブで逃げ切りを図る場面で、相手にど真ん中ストライクだもん。それ以上に問題だと思ったのは次のドライブ。3rd&3でフリーのモスにパスを通せないなんて。完全にヘロヘロって感じでした。この内容じゃ、QB交代論が浮上するでしょうねー。

 この試合のMVPはなんといってもRBトゥレイン。いや~、スバラシイ。パワー、スピード、カットバック、どれをとっても、ハイタワーより格上ですな。あのTDランはしびれました。トゥレインがいなかったら、この試合、どうなっていたか分かりません。

 試合途中から、トゥレインが1st、2ndダウン、ハイタワーが3rdダウンという役割分担になっている感じでした。ハイタワーは3rdダウンバックという役割が合っているかもしれません。次の試合もこの形でいく可能性が高そうですね。

 トゥレインのいいところは、ショートゲインでもセカンドエフォートで5~6ヤード稼ぐこと。これだけ安定してヤードを稼いでくれると、攻撃の組み立てが楽になります。試合を決める最後のファーストダウンもよくぞ壁をぶち破りました。パチパチパチパチ(拍手)。

ディフェンス

 ほぼ完璧な内容でした。一番警戒していたRBスティーブン・ジャクソンのランを17キャリー、45ヤードと平均3ヤード以下に抑えました。お見事。

 ランに比重を置いた分、パスである程度やられるかと思いましたが、相手レシーバーのドロップ連発とサム君のコントロールミスに助けられました。サム君、あんなにコントロール悪かったっけ? 去年対戦した時は、いいコントロールしていたんですが。2年目のジンクスなのか、マクダニエルスとの相性が悪いのか。。。

 スキンズのパスラッシュは7サックを挙げるなど、試合を通じて相手OLを圧倒してました。中でも、2.5サックのOLBオラクポはラムズのLTに完勝でしたね。ケリガンもターンオーバーにつながるサック&FFを決めるなど、今日もGJでした。

 特に、グロスマンのINTで流れがラムズに傾きかけた時の守備陣の集中力はすばらしかったです。レッドゾーン付近で始まったドライブをFG圏外まで押し戻すなんて。それだけに、次のドライブでグロスマンがフリーのモスにパスを通せなかったのは、なおさら許せなかったです。

スペシャルチーム

 バンクス少年は今日も不発。なかなか爆発できませんね~。

 カバーチームでペリーが取られたアンネセサリー・ラフネスは絶対に納得がいかないです。フェアキャッチの合図をしていないリターナーに突っ込んでアンネセサリー・ラフネスだなんてバカげてます。今日の審判は試合を通して納得がいかないコールばかりでした。


 とりあえず、憂鬱なバイウイークを回避できたことは何よりです。ただ、しばらく、QB交代論がメディアを賑わすでしょうね。もちろん、次の試合はグロスマンで行くでしょうが、またプアなパフォーマンスなら交代だとか、いろんな憶測が飛び交うでしょうね。バイウィークの格好のネタを提供してくれたのはさすがグロスマンというかなんというか。