So-net無料ブログ作成
検索選択

WEEK2 ARIに逆転勝利!

スキンズ 22―21 カージナルス

 内容はともかく、勝てて良かった! 4Qに8点ビハインドから逆転するなんて、今までのスキンズとは大違い。試合終盤は攻守ともにすばらしい粘り強さでした。メンタル面の充実ぶりが勝利につながったのは間違いないでしょうね。

 8点を追う4Q。4thダウンギャンブルからモスにTDパスをヒットさせたのには驚きました。ショートパスで着実にダウン更新を狙うシーンでしたからね。ああゆうプレーって最初からTDを狙っていくんですかね。土壇場であんなビッグプレーが出るなんて、今までにない勝負強さに感動しました。

 2ポイントコンバージョンに失敗して、まだ2点のビハインド。ここからの守備陣の集中力が見事。あっさりスリー&アウトでボールを奪い返しました。攻撃陣が着実にドライブを進めてFGで逆転。ドキドキのFGのシーンは直視できなかったです(笑)。残り2分弱でも守備陣がすばらしい集中力でFFを奪い、試合を決めました。

 前半はグロスマンの連続INTやFGブロックなどで、攻めても攻めても点が増えないイヤ~な展開。後半、フィッツジェラルドに73ヤードTDを決められた時は負けを覚悟しましたが、よく踏ん張りました。試合にミスはつきものなので、ミスした試合でも勝てたということが本当にデカイです。

 今日はランが出ましたね~。特にヘルー! すごい! ビッグランはなかったけど、ほとんどのランが10ヤード前後のゲインで、衝撃的なスピードでした。スクリーンパスなどヘルーのスピードを生かしたプレーコールが随所にあったし、ヘルーは攻撃の幅を劇的に広げてくれると感じました。次戦はもっと出番が増えそうですね。

 TEフレッド・デービスが今日もキレキレ。もうクーリーを越えたって感じですね。今のデービスを止めるのはどのチームも至難の業じゃないかと。

 一方、守備陣は試合を通してコッブにプレッシャーをかけ続けていたように思います。ケリガン、オラクポの両OLBがサックを記録しましたし。ケリガンのサックは相手RTをブルラッシュで押し込んだもので、パワーもあることを証明。ケリガンは重要な場面でパスブロックもあったし、今週もハードワーカーらしいいい仕事ぶりでした。

 後半、ランがまったく止まらない時間帯がありました。パスを警戒してDLの枚数を減らし、相手がそのミスマッチをうまく突いてきたんですが、修正すべきポイントですね。

 フィッツジェラルドの73ヤードTDはいただけなかったです。マークしていたCBホールがどんな動きをしていたのかテレビではよく分からなかったのですが、またホールかって感じでした。ああゆうの、なくならないんですかねえ。

 試合終盤、クロックマネジメントがあれって感じでしたね。勝ったからいいけど、ちょっと気になりました。

 反省点はいろいろありますが、勝てて何より。次はアウェーで宿敵ダラスと対戦ですが、いい雰囲気で敵地に乗り込めそうです。