So-net無料ブログ作成
検索選択

プレシーズン第3戦

レッドスキンズ 31―34 レイブンズ

 今日は疲れ気味なので簡単に。

 注目のQB争いですが、スターターはグロスマンで、2ドライブずつベックと交互に出場しました。で、注目の結果は、引き分けかややグロスマン優勢って感じでしょうか。

 グロスマン 8/15、112ヤード、1TD、0INT
 ベック 6/10、108ヤード、1TD、1INT

 グロスマンは、前半最後の2ミニッツドライブをTDに結びつけたのは見事でした。グロスマン、あんなにコントロール良かったっけ? ミドルレンジのパスが気持ちいいくらいビシビシ決まりました。ただ、それ以外のドライブはほとんどいいとこなかったです。

 ベックは、いきなり33ヤードのロングパスを決め、鮮烈なスタートでしたが、それからが低調。ショートパスばっかりだった前回とは一転し、やたらとディープに放りこんでました。これはOCのコールなんですかね。食らったINTもロングパス。相手CBがレシーバーにぴったりくっついているのに、無理に投げ込んでしまいました。やっぱり、ベックの長いパスはイマイチっすね~。

 ただ、セカンドチームを率いた後半、ショートパス中心の攻めになり、パスがすいすい通るようになり、TDドライブを完成。グロスマンとの差を一気に縮めて、お役ご免となりました。

 結局、どっちがスターターになるんですかね。計算できるのはグロスマン、見えないポテンシャルを感じるのはベック。難しいですね。

 守備陣は、フロントセブンが全体的にいい感じで相手QBにプレッシャーをかけていたように思います。ただ、守備の切れ目にパスをポンポン通されていた印象を受けました。CBホールのマークが甘かったのもありますが、システム的な問題のような気もしたのですが、どうでしょうか。

 それにしても、BALのWRリー・エバンス、いいっすね~。ドラフト4巡で獲得って、超いい買い物。さすがオジー。

 若手では、株が急上昇中のWRオースティン、こいつは使えます。セカンドチームでの出場でしたが、次元が違う動きをしていました。

 あと、ドラフト7巡のCBブランディン・トンプソンが今日もいい動きをしていたように見えました。後半、相手攻撃陣はファーストチーム、ウチの守備陣がセカンドチームという時間帯があったのですが、トンプソンがエバンスへのディープパスにしっかりついていっていました。DCハスレットも評価しているそうなので、開幕ロスターが視野に入ってきた感じです。

 ドラフト2巡のDEジャービス・ジェンキンスがヒザを負傷。雰囲気的にやばそうな感じ。重症でないことを祈るのみです。