So-net無料ブログ作成
検索選択

スキンズのFA選手

 ドラフト指名選手との契約がめでたく完了。昨日、「ケリガンがキャンプ初練習で負傷!」というニュースを聞いたときはヒヤッとしましたが、重症ではないそうです。良かった、良かった。

 さて、スキンズからFAになっている選手との再契約の見通しについて整理してみたいと思います。スキンズのFA選手は以下の通りです。

QB レックス・グロスマン
OT ジャマール・ブラウン
OT ステフォン・ハイヤー
WR サンタナ・モス(3年契約延長)
WR マイク・ファリー
DE ケドリック・ゴルストン
LB ロッキー・マッキントッシュ
LB H・B・ブレイズ
LB クリス・ウィルソン
CB カーロス・ロジャース
CB フィリップ・ブキャノン
S  リード・ダウティー

 グロスマンとの再契約は間違いないでしょう。契約がまだまとまっていないのは、金銭面でもめているんですかね。勝手な推測ですが、「準スターター級のカネ寄こせ」というグロスマンと、「おめーは他に行き先がねーだろ」というチームとの間で、金額に開きがあるのかもしれません。

 一番気になるのは、ブラウン。ブラウンとスキンズの双方が再契約を望んでいるのかどうか、情報が入ってきません。別のRTをFA市場で探している可能性は十分あります。ハイヤーもFAですし、早くRTをどうするのか、はっきりさせてほしいです。

 マッキントッシュとは、サヨナラの流れなんでしょうかね。去年のドラフト4巡で、ペリー・ライリーを指名しているので、彼をILBのスターターに昇格させる方針のような感じです。ちょっと寂しいですね。

 個人的にぜひともキープしてほしいのが、ダウティー。とにかく必死さが伝わってくるプレースタイルが好きです。ラロン・ランドリーがアキレス腱の故障でPUP入りしていますし、頼れるバックアップの存在は不可欠。ただ、ドラフト5巡で指名したデジョン・ゴメスが使えそうなら、ダウティーとの再契約はないかもしれません。

 ロジャースはサヨナラが確定的。でもなかなか再就職先が決まりませんね。意外とダラスあたりに落ち着きそうな気がするんですが。

 基本的に、スキンズのFA選手の中で、どうしても引き留めないといけないのは、モスとグロスマンくらい。あとの選手は、ケースバイケースということなんでしょうか。

 他チームに移籍が決まった選手は今のところまだいません。スキンズのFA選手は評価が高くない感じで、それはそれで寂しい気もしますね。

 あと、細かい情報ですが、昨年心臓近くに血栓が見つかってIR入りしたGマイク・ウィリアムスがカットされました。RFA(?)だったCBバイロン・ウエストブルックとは再契約を結んだそうです。

デル株式会社

今日も目まぐるしいです

 ここ数日、選手の入れ替えがあまりに激しいので、ついていくのが大変です。今日の動きを整理したいと思います。

ハインズワースをNEにトレード

 ついにNFL史に残る超巨大不良債権の処理が完了しましたw とりあえず、引き取り手がいてくれて、良かった、良かった。それにしても、パッツとは意外でした。ベリチックが何を考えているのか、不気味ですね。ウィルフォークという不動のNTがいるので、ハインズワースはパスシチュエーションに特化するんでしょうね。相手チームからしたら、やっぱり脅威だろーな。あとは本人のやる気次第。これが一番の問題。

 やっぱり買い叩かれましたね。前回のエントリで「交換条件はあまり気にせず」と書きましたが、再来年の5巡というのはちょっと寂しいっすね。7年100ミリオンという超大型契約で入団した選手が、わずか2年で下位指名権に変わり果てました。

DEスティーブン・ボーウェンを獲得

 DEは、GBのカレン・ジェンキンスと相思相愛と言われていましたが、獲得したのはDALのスティーブン・ボーウェン。この選手、全然知らないんですが、過去のスタッツを見ると、5シーズンで先発11試合、5.5サック。で、5年27.5ミリオン(12.5ミリオンの保証)の契約って、ど~ゆ~ことですかね。 ど~考えても高すぎません? 昨日獲得したコーフィールドも払い過ぎって噂もありますし。ただ、コーフィールドもボーウェンも速攻で獲りにいっているので、最初から狙っていたんでしょうね。とりあえず、フロントの眼力を信じましょう。

Gクリス・チェスターを獲得

 OL補強の第1号。この選手もよく知らないんですが、BALでスターターだったってことは、期待できるんじゃないでしょうか。5年20ミリオン。とりあえず、OL補強に動いてくれたことがウレシイ。

Pサブ・ロッカを獲得

 スキンズの弱点だったPはPHIのロッカを獲得。イイんじゃないでしょうか。

Cラバック、NTキモらを解雇

 FAの獲得ラッシュの一方で、ベテラン選手が次々にリリース。

Cケーシー・ラバック
DEフィリップ・ダニエルズ
NTマーカイ・キーモイアートゥ
WRロイデル・ウィリアムス
RBチャド・シンプソン
RBアンドレ・ブラウン
Pサム・ポウレスキュ

 ハインズワースに加え、サラリーの高いベテランも解雇したので、キャップに随分空きができました。ちなみに空いたキャップは、ハインズワースが5.4ミリオン、ラバックが3ミリオン、キモが2.5ミリオン、ダニエルズが1.25ミリオン。今日一日で12.15ミリオンの空きができました。


 あと、昨日獲得が決まったWRブランドン・ストークリーはやっぱりスキンズ加入をやめたそうです。WRが多すぎて、開幕ロスターが保証されていないと思ったからでしょうね。

 それにしても、FA加入ラッシュで、チームの顔触れが随分変わりますね。ギブス、ゾーン時代の選手はあとどれだけいるんでしょうか。低迷チームを変えるには、必要なことだと思うので、肯定的に受け止めています。ただ、準備期間が短いので、チームとしてのまとまりが少し心配かな。

 あとは、先発RTとOLのバックアップ強化がポイントでしょうか。OL以外は補強がほぼ終わった印象を受けます。

DNSサプリメント20%OFFサプリメント一覧ページにリンク468-60

怒濤の新シーズンスタート

 しばらくお休みしていましたが、再開したいと思います。本当はロックアウト解除と同時に再開させたかったんですが、少々忙しくて出遅れてしまいました。ご心配おかけしました。

 ブログ再開を期待してくださるコメントを頂戴し、嬉しい限りです。とっても励みになります。今後もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

 さて、ロックアウト解除と同時に、リーグもチームも怒濤の勢いで動いており、圧倒されています。今日一日で何人のFA選手の獲得が決まったか、情報をフォローするのも大変です。とりあえず、主なところを整理したいと思います。

マクナブをMINにトレード

 予想通り、行き先はMINでした。ゲットしたのは、今年と来年の6巡だとか。サラリーがバカ高いのでトレードがまとまるとは思っていなかったので、下位指名権でもゲットできたことは良しとしましょう。キャンプ開始目前で、スキンズがマクナブをリリースするのを待ってはいられないというMIN側の事情が、スキンズにとって交渉の好材料になったんでしょうね。

 それにしても、マクナブと1年で決別とは、昨シーズン開幕前は思ってもいませんでした。放出は既定路線だったとはいえ、とりあえずすっきりして良かったです。

サンタナ・モスと契約延長

 何としても引き留めたかったWRサンタナ・モスの契約延長が決まりました。良かった、良かった。メディアによると、3年15ミリオンだそうですが、意外と安いですね。32歳とはいえ、毎年、1000ヤード前後を安定して稼いでくれるレシーバーですから。本当はサラリーはもっと高いんじゃないかなあ。

ベテランWRを3人獲得

 ドラフトでWRを3人指名し、モスの残留も決まったので、WRの補強はおおむね終わったかと思っていたのですが、一気に3人とは驚きました。3人とも中堅選手ではありますが。

ジャバー・ギャフニー(←DEN)
ドンテ・ストールワース(←BAL)
ブランドン・ストークリー(←SEA)

 ギャフニーはDEジェレミー・ジャーモンとのトレードで獲得。ギャフニーは開幕ロスター確定で、ストールワースとストークリーは、3人のルーキーと争う形になるんじゃないかと予想します。

 ロックアウトの長期化によって、ドラフトで指名したWR3人が十分な戦力にならないかもしれないという懸念が、ベテラン獲得につながったんでしょうね。これでロスターのWRは14人になり、大激戦区です。去年ブレークしたブランドン・バンクスも当落線上でしょうね。マルコム・ケリーはもうダメでしょう。

QBクレメンスを獲得

 これも意外でした。ベックとグロスマンに加え、もう1人、ベテランQBを連れてくるとは予想していましたが、ジェッツのケレン・クレメンスはノーマークでした。ただ、若い上に経験もそれなりにあり、悪いチョイスではないと思います。Jets狂さんの決めゼリフ「哀れ!クレメンス」は、僕が引き継がせていただきます(笑)。

DTコフィールドを獲得

 これも、そうきたかって感じですね。NYGからFAになったDTバリー・コフィールドを、6年36ミリオン(12.5ミリオン保証)で獲得。305ポンドですが、首脳陣はNTでの起用を考えているようです。

 NTは補強ポイントの一つで、FA戦線で動くと言われていましたが、コフィールドはまったく眼中にありませんでした。27歳と若いですし、いい補強じゃないでしょうか。

CBウィルソンを獲得

 CBカーロス・ロジャースのFA移籍が確実なため、CBの補強も必須でしたが、獲得したのは、BALからFAになったジョシュ・ウィルソン。3年13.5ミリオン(6ミリオン保証)。この選手、全然知らないんですが、スタッツを見ると4シーズンで9INTとなかなかです。それなりにやってくれるでしょう。地元メリーランド大出身というのも楽しみです。


 今年はものすごく積極的に動いていますね。去年アンキャップイヤーだった影響で、今年は脂の乗った選手がFA市場にたくさん出ているので、積極的に動くのは正解だと思います。幸い、今年はキャップに多少余裕があるそうですし。戦略的には、超大物には手を出さず、中から上の選手を狙っている印象を受けます。金銭的リスクも小さいですし、イイんじゃないでしょうか。

 あと問題は、OLの補強ですね。FAになったOTジャマール・ブラウンと契約を延長するのか、よそから連れてくるのか。RGの補強も必要ですし、可能ならCも補強してほしいっす。

 「ハ」のつく選手のトレード、話題にするのもいやなので、早くまとめてほしいですね。遅れれば遅れるほど買い手がいなくなると思うので、交換条件はあまり気にせず、とっととまとめたほうがチームの精神衛生的にもいいです。

アンダーアーマーTOPページにリンク 2011春夏セール(30%OFF)468×60