So-net無料ブログ作成
検索選択

NFC東戦力分析・レッドスキンズ編

 開幕まで少し時間があるので、PFFに出ていた各チームの戦力分析のうちNFC東を紹介したい思います。まずは我がレッドスキンズから。(画像をクリックすると、原寸大が出てきます)

redskins_positional-rankings.png
 レシーバーが3位、セカンダリーが8位と秀逸。この2つは長年弱点だっただけによく戦力を整えたと褒めたいです。一方、ランニングバックは最下位。去年ファンブル5回のマット・ジョーンズがスターターという時点でこの評価は避けられないです。とはいえ、エリート以外のRBはあまり大差ない、ランはOL次第、と思いこんでいるワタシはあまり悲観してないです。それより気になるのは27位のフロントセブンのほう。去年と比べてグレードアップしてないからなあ。

 続いて、スターター陣の評価(水色=エリート、緑色=ハイクオリティー、黄緑色=グッド、黄色=平均、オレンジ色=平均以下、赤色=プア、紫色=新人)。PFFの評価には異論も多いですが、スタッツのないOLを含む全ポジションを数値化したことは戦力を比較する上で素人のワタシには分かりやすいです。水色、深緑色、緑色が多いチームほど、タレントが多く、戦力が充実していることは確かだと思います。

オフェンス
Screen-Shot-2016-08-18-at-9.59.54-AM.png
 Cリクテンスタイガーの22.6というのが燦然と輝いてますねー。ここをオフに対処できなかったのはやっぱり痛いです。それ以外のOL陣がまずまずなだけになおさら。Cを除けば、いい布陣だと思います。

ディフェンス
Screen-Shot-2016-08-18-at-10.00.11-AM.png
 やはりフロントセブンがきついですなあ。DLに赤色が2人というのがきついです。GMマクルーエンはDLだけは外しまくってます。セカンダリーは大幅にグレードアップしましたが、去年に引き続き、ランディフェンスがネックになりそうな予感。。。

 水色がゼロ、緑色がトレントの1人。黄緑色が6人、ですか。まだまだエリートチームではないことを実感させられます。それでも、足りないのはあと2~3ピース、というところまでは来た気がします。ちょっと感慨深い。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0