So-net無料ブログ作成
検索選択

リストラ候補

 NYGとPHIのHCが決まったみたいですね。新コーチのことはよく分からないけど、コフリンもチップ・ケリーも素晴らしいコーチだと思っていたので、ウチとしては交代はありがたい。特に、コフリンとはもう対戦しなくていいかと思うと、ホント気が楽。毎年、毎年タフなチームを作るあの人は名将ですよ。PHIに行かなくてホント助かった。一方、チップは「第2のベリチック」になりうる天才だと思ってましたが、政権基盤を固める前に人事権を乱用してちょっとやりすぎちゃいましたね。SFではその失敗を生かすでしょう。

 さて、契約は残っているけど、キャップ対策などでカットされる可能性のある選手を見ていきたいと思います。

QBロバート・グリフィン
 昨年、5年目オプションを行使しましたが、カズンズにポジションを奪われたため、リリースされることは確実。RG3に支払う予定だった16.2ミリオンのサラリーは、カズンズ再契約の費用に充てられるでしょう。なんだかんだ言ってお別れするのは寂しい。移籍先はNFC東以外でお願いします。

WRデショーン・ジャクソン
 デショーンのリリースなんて考えたことがなかったんですが、地元メディアでは放出を予想する見方が多いです。今シーズン、ケガで半分くらい休んだことで、高いサラリーに見合わない、とのこと。来季のキャップヒットは9.25ミリオンで、カットすると6.75ミリオンが浮きます。確かにキャップヒットは大きいけど、デショーンに9ミリオンはとんでもない金額ではないと思うけどねえ。キャップヒットよりもグルーデンがデショーンの残留を望むかどうか、そっちが大きなファクターじゃないかと。

WRピエール・ガーソン
 来季のキャップヒットは10.2ミリオンで、カットなら8ミリオンのセーブ。2年連続で800ヤード未満の選手に年10ミリオンはちょっと考えちゃいますね。ただ、勝負強さは健在なので、キープするでしょう。でも、デショーンとガーソン、どっちか選べ、と言われたら、ワタシはデショーンを選ぶかも。今オフはディフェンスの補強を優先する必要があるので、両方キープでいいんじゃないですかねー。

WRアンドレ・ロバーツ
 リストラ筆頭候補。こんな使えない奴に4年16ミリオンて絶対おかしい。

Cコーリー・リクテンスタイガー
 今季絶不調だったこの男だけは何としても代えてほしい、というのが本音。ただ、FAで代わりが見つかるのかどうか。見つからなければ、ドラフトで上位指名となるでしょうが、その場合、保険としてリクテンスタイガーを残すことになると予想。

Gショーン・ロヴァオ
 ヒザを負傷し、シーズン途中でIR入り。代役を務めたスペンサー・ロングがだいぶ成長したので、サラリーの安いロングをそのまま使うという可能性はありそう。ただ、シーズン序盤、ロヴァオのランブロッキングがえらく良かったので、放出するのはちょっと勿体ないかも。

DEジェイソン・ハッチャー
 本人は引退を考えているらしいです。今年のキャップヒットは8.7ミリオンで、カットなら4.2ミリオンのセーブ。今年のパフォーマンスを考えると8.7ミリオンは高いけど、個人的にはキープでもいいです。

LBペリー・ライリー
 この選手、いいんだか、悪いんだか、よく分からない。シーズン序盤はボロボロだったのに、突如INTで覚醒したり。個人的にはILB陣は血の入れ替えが必要だと思っているので、カットでいいんじゃないかと。

Sデアンジェロ・ホール
 今シーズン途中、CBからSにコンバート。特に良かったとは思わなかったけど、フィジカルな選手なのでSのほうが合っているとは思いました。グルーデンが残留を望んでいるみたいなので、そのままでしょう。

Sデイション・ゴールドソン
 この選手、シーズンを通してどこがいいのか分からなかったです。それでも、守備陣の精神的リーダーとして欠かせない役割を果たしたことは事実。なので、残留は間違いないでしょう。ただ、サラリー7.5ミリオン、キャップヒット8ミリオンはいくらなんでも高すぎるので、契約見直しは必須。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。