So-net無料ブログ作成
検索選択

プレーオフ初戦プレビュー vsGB

 いよいよプレーオフが近づいてきました。ドキドキです。プレーオフに出る、出ないは、ホント天地の差だなあ。

トランザクション&怪我人
 DAL戦で負傷したDBカイション・ジャレットがIR入りしたことを受け、ベテランCBカーリー・ウィリアムスとサイン。この時期に経験豊富な即戦力が残っていたことはラッキーですが、数日の準備期間でいきなり出場できるもんなんですかねー。

 復帰可能なIR入りしていたCコーリー・リクテンスタイガーが復帰し、先発するそうです。バックアップのレリベウスはスナップが不安定だったので、その点ではリクテンスタイガーのほうがちょっとマシなんだろうけど、今季超絶不調男が先発復帰するのはかなり微妙。ホントに戦力アップなの?

 DAL戦ではケガを抱えていた選手たちを休ませたため、コンディションがかなり改善されました。これは大きいです。アウト、D組はゼロで、Sゴールドソン、RBジョーンズ、ILBライリー、CBダンバーの4人がQ組。一方、GBはCBサム・シールズがD組。

対GBディフェンス
 すんません、プレビューするのがおこがましいほど、GBディフェンスのことはよく分かってないです。スタッツを見ると、パスディフェンスがリーグ6位と秀逸。パスラッシュがいいからなのか、セカンダリーがいいからなのか、それすらも分からないのですが、ランがほぼ空気でパスに頼らざるを得ないウチのオフェンスとしては、パスディフェンスが強い相手はちょっとやりにくいかも。

 それでも、覚醒したカズンズ&フリーになれるレシーバー陣がいれば、手詰まりになることはないと予想。なので、最初からパスをメーンに攻めていいと思います。保守的過ぎるゲームプランで自滅したW13のDAL戦以降、プレーコールがアグレッシブになったと感じていましたが、カズンズもそれを認めていました。プレーコールをアグレッシブにしてから、オフェンスが機能してチームは4連勝。このモメンタムを生かすためにも、アグレッシブでいっちゃってください。

 あと、月並みですが、リード&デショーンの爆発に期待。モメンタムを引き寄せるためにも、デショーンの一発が欲しいです。

対GBオフェンス
 被サック47と、ウチより20も多い。逃げるのがうまいロジャースがこれだけサックをくらっているというのは、パスプロがかなりイマイチなんじゃないかと推測。ロジャースにプレッシャーをかけ続けたいですなあ。

 期待は、過去3試合で5サックと覚醒し始めてきたドラ2ルーキーのOLBプレストン・スミス。シーズン8サックはルーキートップだそうです。動きはもっさりしているのになぜサックできるのかちょっと不思議なんですが、腕の長さなどサイズ上のアドバンテージに、経験&テクニックが加わったことがシーズン終盤の急成長につながっているんじゃないかと、勝手に解釈しています。

 GBのパスアタックは怖いけど、レシーバー陣があまりパッとしない感じなので、チャンスはあるでしょう。いつも思うんだけど、GBってTEの存在感が薄いのは気のせいですかね。TEが苦手なウチとしてはありがたい。

 GBオフェンスの一番の脅威はロジャースのモビリティー。ニョロニョロと逃げらるのはしかたないとして、その後、いかに被害を最小限に防ぐか。これが難しいんだよ。

グルーデン
 HCとして初のプレーオフ。CINのOC時代、プレーオフであっさり負けるのを見て、「グルーデンはプレッシャーに弱そうだなー」という印象を抱いた記憶があります。HCになった今、どんな采配ができるのか。慎重すぎてもいけないし、テンパって焦ってもいけないし。CIN時代の上司、マービン・ルイスみたいになりませんように。でもまあ、今シーズンはココ一番の試合で勝ってきたので、普通にやってくれるでしょう。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

HJ

こんばんは。
NFC北で嫌というほどGBを知らされている身からの勝手な分析です。

GB Offense
・今年のRodgersは明らかにいつものRodgersではありません。本当にくだらないパスミスが多い。 でも、そこはSB QB、何を起こしても不思議でありません。(Hail Maryとか。。。苦笑)
・Cobb以外はレシーバーはたいしたことありません。Jonesはムラが大きいし。
・LacyとStarksのワンツーパンチは結構強力です。走れるとRodgersのパスが生きる、という相乗効果を生みますので。
・個人的にLionsを応援しながらいつも嫌だと思うのはノーハドルオフェンスです。これ、応援もしづらいんですよ。クラウドノイズ出して、プレー終わって、すぐにプレー。Rodgersはほぼノーハドルでオフェンスしますので、ディフェンスの交代タイミングや、プレイへの適応能力が必要です。
・今年各チームが気づいたRodgers攻略法は・・・レシーバーにしっかりマンカバーついていると見せかけて、その間に猛烈にブリッツをかける、というものです。WEEK8にデンバーがこれに気づいて、そのあとのチームは一斉にこれを実施して、Lionsもいい結果を得ました。

GB Defense
・あんまり印象ないんですよね。基本的にRodgersのチームですので。
・MatthewsとPeppersがやたらめったら動く(動いているように見える)ので、すごいプレッシャーがかかっているように見えたりします。
・それほどタレントがいる感じでもないので、確実に進んでいくことが重要かと。


百戦錬磨のRodgersと初プレーオフのカズンズ、というところが一番の要因でしょうが、流れとチーム力はWashingtonのほうが上だと思います。
ホームのアドバンテージは大きいですし。

期待してます、GB沈めちゃってください!
by HJ (2016-01-09 13:39) 

ソフィア

HJさん、情報ありがとうございます! へ~、そうなんだ~、と思うことばかりでした。

>Rodgersはほぼノーハドルでオフェンスしますので、ディフェンスの交代タイミングや、プレイへの適応能力が必要です。

過去3年間、チップ・ケリーの超ハイテンポオフェンスと対戦してきたので、ノーハドルには比較的慣れているほうだと思いますが、QBがロジャースなので速いだけじゃないところが恐ろしいです。

>今年各チームが気づいたRodgers攻略法は・・・レシーバーにしっかりマンカバーついていると見せかけて、その間に猛烈にブリッツをかける、というものです。

これはいいことを教えていただきました。ウチの首脳陣がちゃんと研究しているといいのですが。ブリッツを入れると、逃げられた時の反動が大きいという怖さがある(特にロジャースなので)一方、プレッシャーがかからないことにはどうにもらならないですし、ホントDCの腕の見せ所ですね。

>百戦錬磨のRodgersと初プレーオフのカズンズ、というところが一番の要因でしょう

ホント、おっしゃる通りです。プレーオフではだいぶ長いこと勝っていないので、試合への入り方がよく分かりません。今のカズンズならメンタル的にぴよることはないとは思うのですが、独特の雰囲気に呑み込まれないよう祈りたいです。
by ソフィア (2016-01-09 22:53) 

タカ

プレイオフ進出、地区優勝、嬉しい限りですね。明日も観戦にいってきます。観戦全5試合負けなしなので、その記録も更新できれば最高です。スキンズはホーム試合でも、相手チームのファンがあまりにも多いので、微力ながら後押ししてきます。
モリスファンの私としては、明日こそはタッチダウンセレブレーションを見せて欲しいです。そしてあわよくば契約延長なんて夢をみております。

by タカ (2016-01-10 01:59) 

ソフィア

明日も現地観戦ですか! いいっすねー。全米にファンがいるGBが相手ですから、グリーンジャージのファンがかなり詰めかけそうですね。パスハッピーの今のオフェンスでは、ランのTDシーンがえらく少ないですが、ワタシもモリスのセレブレーションをもう一度見たいです。
by ソフィア (2016-01-10 09:47) 

てつ

いよいよプレイオフですね!シーズン前の期待が低かっただけに、プレイオフ進出だけで大満足している感があり、あまり緊張していません。負けても今年は良いシーズンだったで終わることができるし、ここ数試合の両チームを見ているとチャンスもあるんじゃないかという気もするし、ここは気楽に応援したいと思います。

スキンズがホームゲームのプレイオフで勝利したのは2000年のライオンズ戦らしいです。私がアメリカに来てから最初の年にプレイオフ進出し、そのゲームをスタジアムに行って観戦しました。あの時はプレイオフ進出、そしてそこでの勝利がそんなに貴重な物とは思っていなかったです。あれから16年!何とか今日頑張って欲しいです!
by てつ (2016-01-10 22:30) 

ソフィア

2000年のプレーオフ、見に行かれたんですか。それはそれは貴重な経験ですね。負けてもハッピーなシーズンだった、と総括できるんでしょうけど、やっぱり16年ぶりの勝利をつかんでほしいです。
by ソフィア (2016-01-11 05:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。