So-net無料ブログ作成
検索選択

W4プレビュー vsPHI

 福山の結婚になぜか衝撃を受けた自分がいます。こんなカッコイイ中年になれたら、という願望が深層心理にあったんでしょうか。

 基本的にデジタル機器に疎い人間なので、新しく届いたノートPCに悪戦苦闘。今週はあまりフォローしていないので、さらっとプレビューを。

デショーンは結局アウト
 先週の時点では復帰できるかも、との情報が出ていましたが、結局、チップ・ケリーとの因縁のデスマッチ第3戦には間に合いませんでした。う~ん、残念。デショーンのいないPHI戦って楽しみ半減。

LGロヴァオシーズンエンドで代役はロング
 LGロヴァオがヒザの負傷でシーズンアウトになりました。好調なランオフェンスを支えていただけに痛恨の離脱。代役は2年目のスペンサー・ロングとのこと。一応、キャンプ途中までRGのスターターだったので、それなりになってくれると信じたいですが、プレ最終戦のプアなパフォーマンスを思うとちょっと不安。PHIのフレッチャー・コックスにどこまで対抗できるか。

スカスカなCB陣
 またまたすごいことになってます。CBカリバーがヒザの負傷でQ組。金曜日の練習を休んでおり、出場は微妙。Dホールも先週の試合でのケガで3~4Wアウト。ジャスティン・ロジャースはIR入り。残るCBはブリーランド、少し前に拾ったばかりのウィル・ブラックモン、PSから昇格したばかりの元WRクイントン・ダンバーの3人しかいません。

 ブラックモンはスロット専門らしく、カリバーがアウトなら、なんとダンバーがアウトサイドで起用される可能性もあるようです。日々成長しているという話だけど、キャンプ途中でCBに転向したばかりの選手をいきなりPHI相手に使うなんて無謀すぎる。。。

バリーディフェンス
 パスラッシュはDLとOLBに任せ、ブリッツはあまり入れないDCジョー・バリー。NYG戦でサックゼロだったことから、「保守的すぎんじゃね」という批判が出ています。ワタシはやたらめったらブリッツを入れるより、安定感のある保守的なディフェンスのほうが好みなんで、バリーディフェンスは意外と気に入っています。ただ、NYG戦のようにプレッシャーがかけられないときは、もちょっと工夫してほしいという思いもあります。ハズレットはチップ・ケリーに全く歯が立たなかったけど、バリーはどこまでやってくれるか。

ハリケーン
 ハリケーンの接近で試合開催が危ぶまれましたが、大丈夫そうな雰囲気。ただ、雨でコンディションが悪い試合になる可能性は十分あります。雨の試合に勝った記憶はほとんどないので、できれば雨は勘弁してほしい。情けないけど、負け犬カルチャーのチームって天候の影響を受けやすいですよね。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

てつ

今週の試合で今年のチームがどこまでやれそうか見えてきそうな気がしますね。デショーンがいないので、本来の姿ではないと思いますが、それでもある程度の姿が見える気がします。カズンズがどこまでやれるか、ランがどこまで出るか、後はCBがどこまで踏ん張れるか、こんな感じでしょうか。それにしてもCBはウスウスですね~。アマーソンを残しておけばという未練もないと言えば嘘になりますが、ここは頑張ってもらいましょう!
by てつ (2015-10-04 07:51) 

ソフィア

確かに、ストラグルしているPHIに簡単にやられてしまうようだと、そこまでのチームだったということで、先が見えてきそうですね。やっぱりカズンズ次第というでしょうかねー。
by ソフィア (2015-10-04 11:08) 

u-dai

仕事が忙しかったのでジャイアンツ戦、前半までしか見ていませんでしたが、負けの理由は割とはっきりしていた気がします。

一つは、確実にSTです。ルーキーのプラマー、随所でやられすぎではっきり言ってNFLレベルではないです。彼はこれからもやらかし続けると思います。特に、パントブロックは、一回目も押し込まれまくっていて、そのときはラフィングザパンターの反則を取ってもらえたからいいものの、その反省を生かせず、すぐその後にブロックされる要因となったのは本当にいただけません。

二つ目は、カズンズのロングパスの精度。どフリーで抜けていたレシーバーへのパスが少し短く、向こうのディープにはたかれていました。あれは向こうのファインプレーにも見えますが、カズンズのミスです。レシーバーも「なんでもっと奥に投げない?」という顔をしていました。
あのミスが続くようだと、カズンズは厳しいかもしれません。立て直して欲しいです。

三つ目は、レベリウス。ランが出なかったのは彼のせいです。そもそも相手の95番がめちゃくちゃこの試合、ランストップに関しては良くて、実はラバオが壊れたときも、ラバオですら、押し込まれまくっていたので、レベリウスのせいとも言えないのですが、毎回、LGのところが押し込まれるので、外のコースが空いていても、そのコースまでランニングバックがたどり着けない絵になっていました。
また、最初のインターセプトのシーンは、カズンズの判断ミスといえばミスなのですが、レベリウスに代わったところを見事にジャイアンツが突いてきて、そこにブリッツが入っていました。なんてことはない、外をトレントに任して、一対一でブリッツのLBに対処すればいいシーンでしたが、レベリウスは外のヘルプにいっていて、このLBが直線でカズンズに向かいました。それが気になって早くボールを放ったのがインターセプトの原因でした。

僕は、こんなシーンがあるならば、すくなくとも外へのストレッチのランは右面で展開すればいいのに、と思っていましたが、どうやらその設計は作っていなかったみたいですね。そのせいで、左面ばかりでランを展開し、出ない、の繰り返しで「今日はランプレーが出ない」という間違った判断をしたみたいです。

実際、前半についてはかなり繰り返し、個々のラインのマッチアップを見ましたが、リクテンスタイガーを除けば、勝ってましたよ、マッチアップ。今年のラインはやっぱり強いと思いますけどね。

なので、RGに入るロングに期待するしかないですね。OLでドラフト2巡でしたっけ。ある程度やってくれないと厳しいですね。

ディフェンスは、オフェンスが時間のコントロールができていないので、少し可哀想でした。マニングがパスを放るのが早くて、ラッシュが間に合わなかったですね。ケリガン、そんなに悪くなかったと個人的には思います。
ただし、唯一、あげるならば、コンプトン。やられきっていて、ランプレーは彼のアサイメントのホールで出続けていました。彼はスターターレベルではまったくないですね。ライリーなら止まっていた絵だったと思います。セーフティが気の毒でした。

あと、今回は、全体的にハッチャーの出来が悪く、ランもそこで出てしまっている絵がありましたし、ラッシュもかかっていませんでした。

気が早いですが、今年のオフの補強は、セカンダリーもでしょうが、センターとILBですかね。ここが補強されると随分強くなると思います。もう少し、もう少しだなという印象です。

フィリー戦も頑張って欲しいです。

by u-dai (2015-10-04 11:21) 

ソフィア

なるほど、カズンズのインターセプトはレリベウスの責任でもあったんですね。ダメなラインマンが一人入るだけでこうも違うものかと、アメフトの恐ろしさを実感します。

コンプトンはそんなにダメでしたか。素人の目にはさっぱりわかりませんでした。ライリーに不満を持っていましたが、それでもライリーのほうが上なわけですね。イイILBが欲しいですねー。
by ソフィア (2015-10-05 10:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0