So-net無料ブログ作成
検索選択

RG3のオプションを行使 & GMドラフト戦略

 GMマクルーエンがRG3の5年目オプションを行使すると明言しました。オプションを行使した場合、5年目のサラリーが16.155ミリオンに跳ね上がるので、行使しないとワタシは予想していたので、ちょっとびっくりです。

 ただ、ワタシは一旦オプションを行使したら、撤回できないものだと勘違いしていました。実際は、来年3月までに撤回可能なんだそうです。ただし、今シーズン中に重傷を負い、オフシーズンをリハビリに費やす状況になったら、撤回できず、全額保障されるそうです。RG3はケガの多いので、そこはかなりのリスクですね。

 ケガした場合のリスクは伴うものの、撤回可能であるならば、オプション行使はベターな選択肢に思えてきます。オプションを行使しなければ、チームはRG3を信用していないというメッセージを送ることになり、プライドの高いRG3の士気を削ぐ恐れがあります。それこそ最悪の展開であることを思うと、リスクを取ってでもオプションを行使することは賢明な判断だったようにも思います。

 これがマクルーエン、グルーデンの判断なのか、もっと上からの圧力なのかは分かりませんがw

 さて、マクルーエンがドラフト戦略について少し語っています。メディアで読んだのをつまみ食いすると。。。

・7つの指名権を10に増やしたい。
・レオナード・ウィリアムスが5位までスリップしてきたら、電話(トレード交渉)が来るだろう。
・FAでDLを補強したけど、有能な選手はいくらでも欲しい。5位でウィリアムスを指名することも全く問題ナシ。
・エッジラッシャーが欲しい。優秀なエッジラッシャーはなかなか手に入らない。1巡に限らず、何人か指名したい。

 どこまで本音をさらけ出しているかわからないけど、これだけを読むと、1巡5位をトレードダウンして指名権を増やすことがベストシナリオと捉えている印象を受けますね。SEAが下位で大当たりを引きまくって強くなったの手本に、指名権を増やして、数打ちゃ当たる、で行きたいんでしょうか。また、ウチのロースターはかなりイマイチだから、大幅に入れ換える必要があるという思いもあるのでしょう。

 また、エッジラッシャーを欲しがっているのを聞くと、5位でWRクーパー、ホワイトの指名は視野にないのかなーという気もしてきます。

 いずれにせよ、マクルーエンがどんな立ち振る舞いをしてくれるのか、大いに楽しみです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

てつ

去年RGIIIが振るわなかった時は、このオプションのことも考えて、もうスキンズのユニフォームを来たRGIIIを見るのも最後かなあと感慨にふけっていましたが、こういうことになりましたね。
私もちょっとびっくりしましたが、来年3月までに撤回可能というのは知りませんでした。これだったら理解できますよね。こんなこと報道されていなかったので、きっと番記者たちも知らなかったのではないでしょうか。
いずれにしても今年が正念場ですね。

さていよいよ明日ドラフトですね。どういう展開になるか楽しみです。
by てつ (2015-04-30 10:37) 

ソフィア

ホント今年が正念場ですね。3年連続でイマイチだったら、さすがに次はないでしょうね。頑張って欲しいとは思いますが、グルーデンオフェンスとの相性が悪すぎるので悲観的に見ています。
by ソフィア (2015-05-01 03:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。