So-net無料ブログ作成
検索選択

小説「W(ワシントン家)の悲劇」

 ダニエルとシャニーが大恋愛の末、結婚したのは2010年1月のことだった。わずか4年足らず、しかもこんな形で破局に向かうとは、誰が予想しただろうか――。

 ダニエルは名門「ワシントン家」の後継ぎ。近年は衰退しているが、それでも有数の名門一族だった。

 ダニエルは結婚前、一族の再興を懸け、「アルバート・ハインズワース社」に巨額の投資をする。だが、この会社は外見だけで中身は何もない事実上のペーパーカンパニー。結局、41ミリオンものお金をだまし取られてしまう。

 結婚したダニエルは妻シャニーの勧めで、今度は「ドノバン・マクナブ社」に出資する。ハインズワース社と違い、マクナブ社は過去の実績が十分。安全な投資と思われたが、ダニエルから経営の現場を任されたシャニーとの折り合いがうまくいかず、この投資も結局、失敗に終わる。

 相次ぐ巨額の投資失敗は2人の結婚生活を苦しめた。だが、それでも、ワシントン家再興を誓うダニエルとシャニーの絆が揺らぐことはなかった。

 そんな2人に転機が訪れたのは、2012年春のことだった。待望の男の子が生まれたのだ。2人はその子を「ロバート」と名付けた。

 ロバートはすくすくと成長する。その成長ぶりは親の期待をはるかに上回るものだった。なんと、エリートが揃う東学区で最優秀の成績を収めたのだ。

 「待ちに待ったワシントン家の復活だ」――。

 ロバートのあまりの優秀さに誰もがそう確信した。ダニエルとシャニーは幸せの絶頂にあった。

 だが、2人の間には微妙な食い違いが生じ始める。それは、ロバートの育て方をめぐる相違だった。

 ダニエルは大切な後継ぎであるロバートを溺愛し、学校にはリムジンで送り迎えするなど、過保護に育てた。これに対し、シャニーは「傷は子供の勲章」とばかりにロバートをたくましく育てようとした。

 2012年秋、事件が発生する。ボルチモアの大手建設会社「ワタリガラス組」のハロティ永田容疑者が運転していた巨大ダンプカーに、ロバートがはねられてしまう。

 この時は軽症で済んだが、翌2013年1月、ロバートは再び事故に遭う。シアトルの暴走族グループ「海鷹族」の連中に襲われ、重傷を負ってしまったのだ。

 命に別状はなかったのが不幸中の幸いだった。だが、この事件は、ダニエルとシャニーの間に決定的な溝をつくってしまう。

 「ロバートはワシントン家の大切な後継ぎだ。大事に育てないといけないんだ!」と怒鳴るダニエル。

 「ワシントン家の後継ぎだからこそ、たくましく育てないといけないのよ!」と反論するシャニー。

 ロバートの教育方法をめぐる2人の口論は延々と続き、夫婦の溝は深まるばかりだった。

 ダニエルに甘やかされすぎたからか、それまで謙虚だったロバートが急にわがままになる。優秀だった学校の成績も急落し、東学区で最下位にまで落ち込んでしまった。

 ロバートとともにワシントン家は再び凋落していく。既に修復不能な関係にあったダニエルとシャニーは決断する。

 「離婚するしかない」――。

 しかし、離婚のネックになっているのが、結婚時に交わした約束だった。5年以内に離婚した場合は、ダニエルがシャニーに年7ミリオンの慰謝料を払うことになっていたのだ。4年で離婚すれば、残り1年分、つまり、7ミリオンの慰謝料支払い義務が生じることになる。

 「慰謝料の支払いなしで済ませられないものだろうか…」

 大金持ちのくせに変なところでケチになるダニエルは、シャニーが「ウチの旦那は息子をリムジンで送迎している」と周囲にバラしたことを約束違反と見なして、慰謝料免除を主張し始めている。

 これに対し、慰謝料が支払われない限り絶対に離婚しないと言い張るシャニー。

 泥沼化する2人の離婚騒動。こうして名門ワシントン家は一段と没落していくのであった。。。

(おしまい)



ウイルスバスターで有害サイトをブロック
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 8

maknav

うまいですね!Eaglesファンの者です。申し訳ないですが、SKINSファンの方が今期のdisasterにどのように対処されるか、興味を持ってみていました。

あの手のQBは、特に周りのプレーヤーが優秀でない場合には、2年目には研究されて不振に陥ることが多いし、RGIIIは病み上がりだし、キャップのペナルティもあるし、評論家の大方の予想とは裏腹に、今年のSKINSはだめだろうなぁと思ってました。

早くownerが変わるといいですね。
by maknav (2013-12-11 11:06) 

アランスミシー

いつも拝見しています。私はNFCのファンです。各地区で応援するチームを決めています。東はWASです。
今年のRGⅢは悲惨でした。結局シャナハン親子が金の卵をつぶしたことになるのでしょうか?
名称変更問題も含めてまだまだ波乱は続きそうです。来期は2年目のジンクスを克服した新たなRGⅢとなって活躍して欲しいと思います。
ちなみに西はSFの長年のファンなので暴走族「海鷹」は言いえて妙だと思います。

by アランスミシー (2013-12-11 11:22) 

ソフィア

maknavさん>
ウチは万年ネタチームなので、disasterは毎度のことなんですが、心理的に今年のはかなりこたえますねー。ここまできたらHCを変えて体制一新を図るしか事態収拾の道はないんだろうと思います。それでも、来年はRG3のコンディションが回復し、キャップペナルティーがなくなって補強もでき、ロスターにもタレントが少しずつ増えているので、いいコーチを招聘できれば、V字回復の可能性はあるんじゃないかという気がしています(1巡指名権がないのが痛恨の極みですが)。ただ、オーナーが変人でケチですからねー、いいコーチを招聘できるかどうか、これが大問題です。あと、チーム編成に長けたGMも必要。。。

アランスミシーさん>
RG3の不調はいろいろな要素が重なったと思うんですが、やっぱりコンディションの影響が一番大きいんじゃないかという気がします。スピードだけでなく、コントロールや判断力までおかしくなってしまったのは本当に心配です。繰り返しになりますが、このオフ、イイコーチを招聘できるかどうかが、RG3の将来を左右する気がしています。
by ソフィア (2013-12-11 13:08) 

ひでぼー

はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
RG3の温存の件に関しては「今更かよ!?」とは思ったものの、カズンズの価値を高めてあげる意味でもいいのでしょうね。
DCの交代はほぼ100%だと思いますがHC-OCセットが問題ですね、さてどうするのか。

いやーしかしわかりやすくて面白い小説でした(笑)
うちのブログでもウェルカーとベリチックの物語を書いたことがありますけども、『ドラマ』っていわれることも多いだけあってけっこうNFLってストーリー化しやすいですね。
それにしても久しぶりに「ハ」のフルネームを聞いた気がします。www
by ひでぼー (2013-12-13 21:56) 

ソフィア

ひでぼーさん>
カズンズ、どうですかねー。トレードバリューを高めてくれたらありがたいですが、今のチーム状態だと逆になる可能性のほうが高いんじゃないかという気がしています。それでも、RG3を引っ込めたことは間違いなく正しい判断だったと思います。

皆さんに小説喜んでもらえてウレシイです。ホント、NFLのドラマって単純化しやすいですよね。

>久しぶりに「ハ」のフルネームを聞いた気がします。www

そういえばそうでした! 「アルバート・ハインズワース社」っていかにも本当にありそうな名前なので思わず使っちゃいましたw
by ソフィア (2013-12-14 00:27) 

JJ#66

なかなかの“読み物”ですね、私などは『Wの悲劇』とくれば薬師丸ひろ子の映画です(笑)。

あらためて思うところ「何やってんだぁ~」って感じです、ダニ坊がオーナーになってから、全てとは言いませんが。

FB事業への投資は支離滅裂ですよね、この物語に出てくる以外にも・・・、彼は本当に投資家としての能力があるのでしょうか?、彼のブレーンが能力を持っているのでしょうか?、本当に本業でしっかり儲けているのでしょうか?、トム・クルーズの映画にも投資していましたよね。

本業でしっかり儲けているななら、そのブレーンを少しばかりFB事業へまわしてくれませんかねぇ、FBを全く知らないのも問題ですが、FBバカも問題です、情報の収集・分析・実行のできる者を・・・、あっ、そんな事をしたら本業が崩壊ですね。

そもそもFBはあまり強くなってもらっては困るのでしょうか、客寄せパンダでよいのでしょうか、昔の〇神タ〇ガースのように・・・、「そんなもん優勝でもしてみなはれ、選手の年俸上げなあきまへんやろ、万年最下位でも〇子園にはあんだけ客が来てまっしゃろ、少ない投資で大きな利益でっせぇ」って感じなのでしょうか、そんな事が長く続いたのであのチームは今でも一皮剥けません。

ファンも全てとは言いませんが「アホな子ほどかわいいんやぁ~」って調子です。

スキンズが〇神タ〇ガースのようにならないでほしいですが・・・、もうなっちゃってるのかなぁ・・・。

さぁ、愚痴はこれぐらいにして残り3試合、カズンズがスターターですね、私が学生時代から目をつけた選手がNFL入りし、しかもスキンズの一員になった唯一の選手です、そんな選手にはもうめぐり合わないでしょう、この3試合で自分の価値を上げ他のチームでスターターを張れるようになって貰いたいです、スキンズにいると彼のプレーが観れませんからね、スキンズにはRG3が居ますから・・・、さぁカズンズ!、自分の人生を切開け!!

>ボルチモアの大手建設会社「ワタリガラス組」
なんか裏でいろんな悪い事やってそうですねぇ(笑)、ちなみにゼネコンの社員がダンプを運転する事はありません、下請業者です、業界なのでつい・・・、ゼネコンの人間ではありませんが、もちろん表現上の事とは百も承知です。

話は戻りますがダニエルとシャニーはまだ離婚届は提出していないのですよね・・・。

by JJ#66 (2013-12-14 11:57) 

ソフィア

JJ#66さん>
ワシントン・ポストによると、ダニエルはリアルの世界でもシャニーに対する慰謝料の支払い(=5年目のサラリー)を渋っているらしいんですよ。アホかコイツはって思いますね。変なところでケチると、優秀な人材を得られなくなってしまいます。新しいHCを雇おうと思っているなら、なおさら手切れ金はしっかり払わないと。今のままだと、アイツの奇妙なしぶちんぶりが次期HC探しの障害になっちゃいます。個人的に今回の騒動で一番腹が立つのはこの部分です。
by ソフィア (2013-12-15 08:14) 

JJ#66

ダニ坊には生きたお金の使い方をしてほしいものです。

別れ方を誤ると後々いろんな遺恨を残しますよぉ~、こいつは、そんな事も理解できんのかぁ~、人生経験がたらん!!

by JJ#66 (2013-12-15 11:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。