So-net無料ブログ作成
検索選択

W1 チップ・ケリーは凄かった

レッドスキンズ 27―33 イーグルス

 この試合の最大のミスマッチは、チップ・ケリー対ジム・ハズレットだと思っていたんですが、ここまでやられるとは思わなんだ。チップ・ケリーのノーハドルオフェンスは相手に的を絞らせないというか、ホント守りにくい。こんな相手と毎年2回も対戦すんのか~。

 ケリーのオフェンスとルショーン・マッコイの融合は恐怖の一言。ジョン・グルーデンはミスタックルの連発だとか言ってたけど、あの変態カットバック、どうやって止めんの?

 ただ、試合序盤にミスを連発したオフェンス陣のほうが責任は重いです。試合開始相当の3ドライブが、ファンブルロスト、INT、セーフティーと3連続ターンオーバーの完全なる自爆。これで守備陣の疲労が増し、集中力を奪ってしまいました。

 RG3もモリスもてんぱってる感がアリアリ。RG3はプレシーズンに出られず、試合感覚が完全に狂っていたような。モリスもプレシーズンで温存しすぎたんじゃないですかね。今年は開幕戦への準備をミスったような気がすんですけど、どうなんでしょう。

 点差が開き、相手守備陣がディープ中心の守りになるまで、ウチのオフェンスラインは押されまくってました。3-4導入1年目、しかも初戦の相手に、あそこまでいいようにプレッシャーをかけられたのは、かなりショック。これは先が思いやられるぞ。

 数え切れないほどミスがあった試合ですが、個人的に文句を言いたいのは2点。一つは、ファウルの多さ。不要なファウルでどれだけ攻守のリズムを崩したことか。毎度毎度指摘されながら、全く減らないのは何なのか。これはシャナハンの責任でしょう。特にDホールのキレやすさは何とかしてくれ。

 もう一つは、トンプソンのパントリターン。自陣5ヤードでのフェアキャッチなんてやめれ。パントの角度的に、見送っていれば悠々タッチバックでしょうよ~。セーフティーを献上したのはこの後だったっけ?

 それでもまあ、7-33から最後はオンサイドキックまでいったので、次につながる試合にはなりました。巨人が10対0で負けていても、九回裏に放つ原辰徳のソロホームランって重要だと思うんですよ。次の試合につなげる意味で。

 RG3のパスが通り始めたのはガベージタイムからだけど、それでも試合感覚は取り戻しせたんじゃないかな。モリスもTDランで自信が付いただろうし。

 チップ・ケリーには強烈な恐怖感を植え付けられたけど、最終的な負け方としては悪くなかったかな。前半が終わった時点では、40点差くらいで負けるのを覚悟していたのを思うと、今は意外とポジティブな気分。少なくとも次の試合はもう少し落ち着いて臨めそうなので。

iStockPhoto
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

LTD

原辰徳のくだりに吹きました。古っw
by LTD (2013-09-10 16:22) 

マルガリータ

なんともいえない試合でしたね・・・
RG3に関しては今日はプレシーズンだったと割り切ればいいかと。

ファウルとタックリングだけはどうにかしてほしいな。。
あとビガーズをSで使ったのはなぜなんでしょう?
今年もパスディフェンスには苦労しそうですね。DLもコーフィールドが万全にならないと押し込めないですし・・・
by マルガリータ (2013-09-10 21:30) 

ソフィア

LTDさん>
世代がばれちゃいますね~。G党だったワタシの中では、タツノリ君はチャンスで打てない、打つのは試合の流れとは無関係の場面だけ、というイメージしかないもんで。

マルガリータさん>
ビガーズはSで使われてましたか。それは気付きませんでした。メリウェザーがアウトだったため、余ったビガーズをSに入れたんですかね。おっしゃるとおり、DLから押し込めないと、あのオフェンスは止まりませんね。

ワタシもプレシーズンだったと割り切ることにしてます。ホームで地区内ライバルに負けたのは痛いですけどね。
by ソフィア (2013-09-10 22:01) 

てつ

もしかしたらこうなるんじゃないかと不安に思っていたことが起きちゃいましたね。最初のうちは、数年前のマンデーナイトでこてんぱんにPHIにやられた場面が思い出され、何点取られるんだろうと恐ろしくなりました。
解説者が何回も言っていましたが、あのオフェンス(早いだけだと思っていましたが、スプレッドして1対1の場面を作り出すらしいですね)を止めるためには、1対1でのオープンタックルが重要らしいのですが、それができませんでしたね。それにパスラッシュも途中からブリッツを多用するまでは、まったく不発でしたね。

ただオフェンスがもう少し攻撃を持続できれば展開も変わったでしょう。印象としては、ゲーム前の期待感が強すぎたのと、最初のPHIのドライブで(実際に点を取ったのはうちですが)、誰もが浮き足立った気がします。

RGIIIも100%ではなかったですね。接触をなるべく避けようとして、前足が踏み込めてなかったですもんね。タックルを受けてから、開き直って変わった気がしますが、どこか痛がっているように見えました。いつものようなオーラがにじみ出ていませんでしたね。

とはいえ、ソフィアさんがおっしゃるとおり、後半ディフェンスもオフェンスも意地を見せたので、これで良しとしましょう。我々ファンも含めて、ちょっと選手達は自信過剰だったかもしれませんね。まだ1試合、次行きましょう!
by てつ (2013-09-11 10:21) 

ラシェイ

ストレスが溜まる試合でしたねぇ。僕も2つ気になる点が。1つはマルガリータさんと同じですが、Chip Kelly対策の結果があの変則ニッケルだったのか?という事です。ノーハドルで3WRだから、数的優位にするためにS1枚CB4枚?でしょうか。普通のニッケルがまともにハマったことないのに、慣れないプレイの上、ハイテンポO#にバタバタでした。いつも通りにフロント7がMcCoyとVickの足を確実に止め、プレッシャーに弱いVickにパスラッシュをかけ続けパスミスを誘うのが、PHIのテンポを遅くするのに1番効果的だと思うんですが。。。HaslettはKellyを必要以上に怖がり、準備を間違えた印象です。
あとはRG3が仰向けに倒れる時に、抵抗するように足を上げるクセが直ってないことです。「だまってベタッと倒れててくれぇ」とヒヤヒヤしました。
他にも、Morrisの準備不足、4Qの不必要な2ptとギャンブル等色々ありますが、ソフィアさんの言う通り今週をプレシーズン5試合目と考えて来週からに期待しましょう。(でもランボーフィールドなんだよなぁ)

by ラシェイ (2013-09-11 16:51) 

ソフィア

てつさん>
>スプレッドして1対1の場面を作り出すらしいですね

なるほど、そういうことなんですね。オープンフィールドで1対1、しかもマッコイやビックが相手。簡単には止められないようにデザインされているわけですね。ショーン・テイラー、ランドリーあたりがいたらなあ、なんて思ったり。

ただ、PHIの弱点も見えた気がします。マッコイとビックの個人技に依存するオフェンスなので、どちらかがケガなどで離脱したら破壊力はがくんと落ちるのではいかと。実際、2番手RBにはほとんど走らせなかったですし。マッコイとビックに負担が掛かるオフェンスを、あの早いテンポで1シーズン持つとはとても思いませんでした。

ラシェイさん>
素人なので分からないことだらけなのですが、ウチのDLがほとんど押し込めないことが一番の元凶ではないかと感じています。PHIオフェンスを止められるようになったのは、ブリッツを多用するようになってからでしたし。DLが弱いから3-4のベースディフェンスに頼れない、だからニッケル中心にならざるを得ない、と解釈しています。DLを強くしないことには悪循環は解消しない気がしています。チップ・ケリーを警戒しすぎて、対応を誤ったというのは全く同感です。

気を取り直していこう、というところに相手がGB。きついですねえ。
by ソフィア (2013-09-12 03:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0