So-net無料ブログ作成
検索選択

RG3がサイン!

 遅くなりましたが、RG3が契約にサインし、晴れて正式にスキンズの一員となりました。4年2111万9098ドルと、なんと半端な金額。なんか意味あるんですかね?

 サインボーナスが約13.8ミリオンで、今年のサラリーがルーキーミニマムの0.39ミリオン。キャップヒットは、今年が3.83ミリオン、来年が4.79ミリオン、2014年が5.75ミリオン、2015年が6.71ミリオン、だそうです。キャップペナルティーが科せられた今年と来年はキャップヒットを小さくしています。

 ネックになっていた「オフセット条項」は盛り込まれませんでした。CARと契約した全体9位のキークリーの契約にこの条項が盛り込まれていないらしいので、全体2のRG3との契約に盛り込むのは無理ってもんでしょう。全額保障はリスクが高いとはいえ、全体2位の選手がこの金額で済むなら、万々歳でしょう。

 3巡指名のG/Cレリベウスも同じ日にサイン。3巡の選手の交渉がこじれていたことが不思議だったんですが、この記事を読んで大いに納得。

 少し古いニュースですが、タグを張っていたTEフレッド・デービスとは長期契約を結ばず、1年5.446ミリオンの契約になりました。チームとしても、薬物検査にもう一度引っ掛かったら1年アウトになる恐れのあるデービスと長期契約はコワイですし、デービス本人としても、去年薬物違反で4試合の出場停止処分を受けた“負い目”があり、長期契約を結ぶタイミングとしては良くないですからね。5.4ミリオンのキャップヒットはイタイですけど、まあ当然の流れでしょう。

 さて、話がまったく変わってしまうんですが、先日、知人宅に行った時、知人の息子さんがマンガ「ヒカルの碁」第1巻を持っていて、読ませてもらいました。タイトルだけは知っていたんですが、実際に読むのは初めてでした。洗練されたキャラクター設定に完全に魅了されてしまいました。

 なんとか続きを読むことができないものかと思っていたんですが、ありました、ありました、近所の公立図書館に。といっても、英語版ですが。

hikaru.JPG

 英語でセリフを読むと、労力4~5倍って感じですね~。たかがマンガなのに疲れる~。時々意味が分からない表現もあるし、日本語で読むのと比べて臨場感が下がるというか。でも、英語の勉強にはなります。

 写真の右側はDVD。日本で放送されたアニメを4話ずつ収録したDVDも貸し出ししていました。音声は英語だけだと思っていたんですが、日本語も選ぶことができ、これはラッキー。でも、やっぱマンガのアニメ化はダメですね。

 図書館には「デス・ノート」もありました。途中までしか読んでなかったので、いずれ「デス・ノート」を借りるつもりなんですが、あの複雑なストーリーを英語で読むのはしんどそう。
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 9

とおりすがりのJETS狂

1ドル単位で譲歩しあって落としどころがこの金額だったのでしょうか。もしかしてすごいドケチ?
デスノートに関しては私はこの間、全巻読んだのですが、あの話が英語になると理解不能でしょうね。というかまともに全部を訳せるのでしょうか。
すごい短縮されてたりしてw。
by とおりすがりのJETS狂 (2012-07-20 14:19) 

duke13

20数年前のCSでの敗戦が、初めて見たNFLの試合なVikesファンとしては、WASが昔みたいに強くなるのは大歓迎です!そうでなきゃ、
倒す意味がないですからね!!
てめえの足元が見えてないVikesファンより。。。
by duke13 (2012-07-20 20:29) 

YM5

僕もアニメの舞台探訪(いわゆる聖地巡礼)で静岡県下田市に行ったり、その道中アニメのキャラが車内アナウンスをする電車に乗ってニヤニヤするなど人生を楽しんでますが、今こっちでアニメ化してるじょしらくという漫画は面白い……というか色々と凄いですよ。

海に向かって叫ぶ言葉を考えようというテーマで、日本海から北の国に向かって人返せ!とか叫んだり、オホーツク海の果てで領土を返せ!とか叫んだり、東京湾から国会に向かって金返せ!と叫んだり……僕はこういうネタで笑える人間ですが、スタッフの方々が色々な意味で不安になってしまいます。

あ、連載は終わってしまいましたがじょしらくの原作者である久米田康治先生のさよなら絶望先生も面白いのでオススメです。

物凄い自分の趣味に偏った漫画紹介になってしまいましたが、そちらにあるかどうか(というかネタに出来るのか)といった事は……つまんねーこと聞くなよ!というじょしらくネタで締めさせていただきますw
by YM5 (2012-07-21 05:08) 

ソフィア

JETS狂さん>
マンガに関するJETS狂さんエントリを読んで、うらやましかったです。たまに日本のマンガが無性に読みたくなるんですが、手に入らないので歯がゆいです。英語版デスノート、ちらっと立ち読みしたんですが、ものすごいセリフの量に気分が悪くなりました。。。

duke13さん>
以前までは「古豪」と呼ばれることに誇りを感じていたんですが、最近は「リーグ随一のネタチーム」という自虐的な自覚で凝り固まっています。強豪チームを目指すというのはまだおこがましいので、まずはネタチームからの脱却を期待ですw
by ソフィア (2012-07-21 05:30) 

ソフィア

YM5さん>
へ~、「じょしらく」なんてマンガがあるんですか。Wikiを見てとりあえずギャグマンガであることは分かったんですが、シュールな感じで面白そうですね。ヒマな時にユーチューブで見てみます。
by ソフィア (2012-07-21 05:36) 

サックマン

全体7位指名のセイフティ、マーク・バロンが4年契約の1,450万ドルで契約したのと比べるとめちゃくちゃ安い気がします
ポジションがQBとSですしねぇ
これはきっとRGⅢ自身が金より勝利とプレーに飢えているんだと思います
法律を犯して逮捕なんてことがない限り
カットはないでしょうから全額補償も納得です

話は変わりますが
実は『ヒカルの碁』全巻持ってますし、
実際に囲碁も打ちます

囲碁は実際の戦国時代の戦略、戦術に酷似しています
いやもっと似ているのは打ち手の精神や意志でしょうか
多くの武将がそれに学びました
自分に言わせれば
どんなに高名な学者や作家でも
どんなに熱心な郷土史家や歴史ファンでも
囲碁を知らなければそういった武将の真意に辿りつくことは出来ません

そんな囲碁の世界を垣間見せてくれるのが『ヒカルの碁』です
例え、囲碁をまったく打てなくともその空気に触れることができます
その先、もっともっと面白くなりますよ

そんな囲碁とアメフトを結びつけるのが『勝負勘』、
物言わずとも相手の本質をその手に見つけ「手談」と言われる囲碁と
緩急やフェイク、時には気迫で1対1の戦いを制するマンツウマンは通ずるものがあります
サイズのない自分にとってクイックネスとスピード、
そしてここぞという時に発揮される囲碁で鍛えた勝負勘が武器でした

英語で読むのは大変でしょうが
帰国してから日本語のを読み直すのまた楽しいと思います
登場人物の心の機微など微妙にちがうでしょうから
『ヒカ碁』にはそれだけの魅力があります




by サックマン (2012-07-21 11:17) 

ソフィア

「ヒカルの碁」を読み始めてから囲碁の奥深さに圧倒されているんですが、サックマンさんのコメントを読んでその思いが一段と強くなりました。父が囲碁好きだったんですが、僕はまったく見向きもせず、今思うと惜しいことをしました。その「勝負勘」というのを身につけておきたかったなあと。

>登場人物の心の機微など微妙にちがうでしょうから

そうなんですよ~。特にアキラの魂のこもったセリフが心に響いてこないんです。それが一番残念なところです。ヒカルと佐為のやりとりもイマイチ笑えないというか。。。
by ソフィア (2012-07-22 11:22) 

fibonacci513

RGを指名することも可能だったRAMファンです。フィッシャーが就任してブラットフォードではなく、マクネアのようなQBが好みかと、RG指名を考えていましたが、結局スキンズへ。でも今シーズンはRGの活躍もチェックしていきます。逃した魚が大きかったということがないよう祈るわけですが、いったいどうなるでしょうね。
ちなみに囲碁も好きなのでヒカルは全巻読みました。将棋では月下の棋士がお薦めです。
by fibonacci513 (2012-07-28 15:50) 

ソフィア

トレードに応じて下さり、ありがとうございましたw CLEと取引したほうが得だったのに、フィッシャーとシャナハンの縁でウチを選んでくれてありがたい限りです。ただ、1巡3つ(+2巡1つ)は痛いっす~。

サム君は今年、復活しますよ、きっと。去年はOCマクダニさんから悪い運気のようなものをもらってしまったんじゃないかと(笑)。

月下の棋士も読んでみたいです。スピリッツで連載していた時、読んでみたいなあと思いつつ、途中からだとストーリーが全然分からず、スルーしていました。それにしてもヒカルは面白いですね~。
by ソフィア (2012-07-29 02:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。