So-net無料ブログ作成

11スタッツ&12展望 ILB

ロンドン・フレッチャー
 出場16 先発16
 166タックル、1.5サック、3FF、2INT、8PD
ペリー・ライリー
 出場16 先発8
 68タックル、1.0サック、4PD
ロッキー・マッキントッシュ
 出場15 先発8
 65タックル、1.0サック、1PD
ケヤロン・フォックス
 出場13 先発0
 13タックル

 「NFLのタックルマシーン」ことフレッチャー大先生は36歳とは思えない鬼神・奇人・変人ぶりの活躍。それにしても166タックルってなんちゅう数字ですか。こんなにぶつかり合っているのに、連続試合出場記録も途切れないというのもナゾとしか言いようがないです。

 UFAになる大先生の引き留めは必須。代わりなんて他に見つかるわけないです。本人も残留を希望しているそうなので、まあ大丈夫でしょう。

 ライリーはシーズン中盤からスターターに昇格。ランディフェンスでは抜群の安定感がありました。ただ、パスカバーでは苦戦。若さからかミスも多かったです。それでもフレッチャー大先生の薫陶を受け、3年目の今季はさらに飛躍してくれるでしょう。

 マッキントッシュはスターターだったシーズン序盤はキレキレでしたが、途中から精彩を欠くようになり、控え降格になりました。やっぱ3-4のILBは合わないみたいです。確か、シーズンの終わり頃、遅刻かなんかでほとんど出してもらえなかったという記憶があります。UFAなのでこのままお別れでしょう。生え抜きなのでちょっと寂しいですが。

 来季もスターターは大先生&ライリーのコンビで決まりしょう。あとは大先生の後継者育成が必須。3年後を視野にドラフト4巡~6巡くらいでILBを獲っておく必要があると思います。ILBなら中下位でもいい素材が残っていると思うんで。マッキントッシュの退団でバックアップを加えなければならないという現実問題もありますし。

 いや~、こうして見ると、補強ポイント、いっぱいありますね~。どんな代償を払ってでもRG3を獲りに行ってほしいと思いますけど、その他の補強ポイントはど~すんの?と考えると苦しいですねー。

【追記】
 UFAのCモンゴメリーと4年の契約延長をしました。ただ、来季も先発確定というわけではなく、Cの補強に動く可能性もゼロじゃないようです。オフにいいCが獲れなかった時の保険として、また、重症を負ったLGリクテンスタイガーが間に合わない時の代役として、いろいろなケースを想定しての契約延長のようです。最低でもモンゴメリーをバックアップとして残せますし、ナイスな契約でしょう。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Remember2004

RG3が40ヤード、
time,4.41って
Luckの4.67でもQBとしては十分すごいのに、
これでまた一つRG3獲得の代償とハードルが
上がりそう。
by Remember2004 (2012-02-27 12:44) 

ソフィア

いや~、ものすごい身体能力ですね~。ますます欲しくなりました。QBを必要とするチームはどこもそう思ったんじゃないですかね。
by ソフィア (2012-02-28 04:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0