So-net無料ブログ作成

WEEK4 vsSTL プレビュー

 ダラス戦は悔しい負け方をしただけに、しっかり勝ちたい試合。STLは今年は不調のようですが、去年完敗しているだけに楽に勝てそうな気はしません。でも、2試合連続でハラハラの展開だったので、2ポゼッション差くらいの心臓に優しい勝ち方をお願いしたく。

1、レッドゾーンオフェンス

 昨シーズンに引き続き、レッドゾーンでイマイチ攻めきれません。レッドゾーンでモタモタしているうちに、相手にモメンタムが生まれる展開が一番コワイ。

2、ランオフェンス

 QBグロスマンに波があるのは我慢しないといけないので、ランを安定して出したいところ。ランでリズムを作って、グロスマンが適度にパスを決める、というのがオフェンスの理想的な形でしょうね。

3、ランディフェンス

 W2、W3とランディフェンスが今一歩。STLのエース、スティーブン・ジャクソンが出てくるらしいので、守備陣はラン対策が最優先かと。STLのランはリーグ11位と決して悪くないです。ジャクソンにやられるようだと試合の行方は分からなくなるでしょうね。攻撃は最大の防御というのその通りで、相手のランの回数を減らすためにも、前半でそれなりのリードを広げておきたいです。

4、サム・ブラッドフォード

 今シーズンはストラグルしているようですが、昨年対戦したとき、ガンガンパスを通された苦い経験があるので個人的にはまったく油断してません。シャナハンも同じ気持ちじゃないかと。ただ、OLが今一歩らしいので、パスラッシュでプレッシャーをかけていくことが必須でしょう。

5、デアンジェロ・ホール

 この試合、一番注目しているのはこの人。ダラス戦ではいろいろな意味で注目されましたから。発憤してくれることを期待。フレッチャーとともに守備陣のキャプテンなんだから、発言じゃなくてプレーで引っ張っていって下さい。

6、怪我人

 W4なのに両チームとも主力に大きな怪我人がいないという珍しい状況。スキンズではFBヤングのクエスチョナブルが気になるところ。ダラス戦ではヤングの欠場がビミョーに効いていた気がするので。WRアームストロングもクエスチョナブルですが、オースティン、ストールワースがいるので、大きな戦力ダウンにはならないかと。


 とにかく勝って、3勝1敗で気分良くバイを迎えたいですね~。あと、遅くなりましたが、ケリガンが守備部門の月間最優秀新人に選ばれました。おめ。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0