So-net無料ブログ作成
検索選択

スペシャルなチーム

 てつさんがコメントされていたように、今のスキンズはロッカールームの雰囲気がとってもいいそうです。地元紙によると、LBロンドン・フレッチャーはNYGとの試合前、フィールドで選手たちに、「これはスペシャルなチームだ。オレたちにとってスペシャルなイヤーだ」と語ったそうです。

 記事を読んでびっくりしたんですが、4勝12敗と低迷したした2009年、フレッチャーは引退したいとまで思ったそうです。「誰も努力しないようなチームからは抜け出したかった。そんなチームにいるのは楽しくなかった」「バラバラで自己中心的な連中がたくさんいるチームにいるのはタフだった」と。常にポジティブなフレッチャーでさえこう語るくらいですから、チーム内のモラルは信じがたいほどひどかったのでしょう。

 今は「努力する仲間たちをたくさん得た。誰が称賛を得るかなんて誰も気にしていない。今までとは違う感覚だ。今は本当にチームなんだ」と、チーム内のまとまりを心底喜んでいます。

 TEクリス・クーリーも「環境、コーチ、選手、自分のキャリアの中で最高だ。仲間たちがお互いのためにプレーする。まるで高校時代のロッカールームみたいだ」と語っています。

 スペシャルチームのキャプテンであるLBロレンゾ・アレキサンダーはNYG戦について、「去年だったら負けていたと思う」と語っています。試合序盤はNYGに圧倒されていましたが、去年だったらそのままズルズルいっていただろうと。今年は負けるのが当たり前だった過去とは無縁のFAや新人がたくさん加わってことが大きいと分析しています。

 そんなチーム内の空気を反映するかのように、7巡ルーキーのNTクリス・ニールドは、NYG戦で2サックを挙げたことに浮かれることなく、「昨日のこと(NYG戦)は過去のことだ。試合は終わったんだ。オレたちは前に進まなければならない」とコメントしています。ニールドはワークエシックスが評価されてロスターに入ったといわれていましたが、納得です。

 今年は「もしかしていけるかも」という淡い期待がありましたが、チーム内の雰囲気に関する最近の記事を読んで、その思いがかなり強くなりました。天敵NYGに勝ったことで、選手たちも自信を深めたと思いますし。今年はほんと~うに楽しみなシーズンです。

ハピネット・オンライン
コメント(5)  トラックバック(0) 

コメント 5

ぼうず

今回は本当にうれしい話ですね。メンタル面でこれだけ充実していれば多少の戦力差は埋められると思います。1年でここまでチームの空気を変えたのはシャナハンの力なのでしょうか。それともプレイヤー達の努力なのでしょうか。不満分子を排除したのは明らかに首脳陣の功績でしょうけど。いずれにしてもプロボウラーが10名入団させても手に入らないような大きなパワーを得たと思います。これで勝てなかったらプレイヤーの責任ではありません。
by ぼうず (2011-09-15 10:25) 

てつ

私もその記事を読みました。確かにフレッチャーが言うんですから、相当悪い雰囲気だったのでしょう。ビッグネームがいなくなり、シャナハン好みのブルーワーカー的な選手を揃えた結果が今の雰囲気につながっているのでしょうね。
それに加えて、インタビューで良く耳にするのは”Swagger"という言葉です。直訳では「いばっている」などという意味ですが、どうもこのチームにはこの「自信」を持っている選手、そしてそれを感じている選手が多いようです。

グロスマンやホールなど調子に乗ってミスをしがちな選手がいるのが、ちょっと心配ですがこの雰囲気を壊さないようにみんなで戦って欲しいです。
by てつ (2011-09-15 10:59) 

ソフィア

ぼうずさん>

>プロボウラーが10名入団させても手に入らないような大きなパワーを得たと思います

ホント、そうですね。チームスポーツに最も必要な要素をようやく手に入れた気がします。強豪チームから見ると、戦力的にはまだまだ劣ると思いますが、チームワークでカバーしていくような試合展開を見せてくれるような気がします。

てつさん>

”Swagger"というのは、自信というニュアンスなんですか。辞書を引いても、いまいちピンときませんでした。ありがとうございます。NYGで自信が結果として表れたことはホントに大きいですね。おっしゃるとおり、うぬぼれることなく、前進して欲しいです。
by ソフィア (2011-09-15 11:44) 

JJ#66

いい雰囲気のようですね。
フィールドに出るまえのトンネルで、フレッチャーの“ペップ・トーク”の動画を見ました、「おッ、気合入ってんなぁ~」と感じましたが英語が分かりません、ケリガンも颯爽とフィールドへ!。

NYGのアントレル・ロールが「スキンズの勝利はまぐれだ」と言ったそうですねぇ~、「この野郎!」って思いましたがそれだけインパクトを与えたと云うことでしょう、Week15もいただきましょう。

やはり『ハ』のつく人が居なくなったからでしょうか・・・。

この雰囲気が一過性ではなく、継続してほしいものです。

Hail !
by JJ#66 (2011-09-15 23:33) 

海象

確かに今の雰囲気はいいのでしょうが、
シーズン終わった時にどうなのやら。
去年だってマクナブの古巣へのリベンジ辺りまでは必ずしも雰囲気悪くはなかったと思うんですがね。

どなたかが言われてる『ハ』の字の方も、
現体制が著しく商品価値落としてトレードすら出来なかったアンドレ・カーターも、
MNFではずいぶん気持ち良さげにプレーしてましたからねぇ。

NYG戦、選手の頑張りは認めますが、
怪我人続出で手負いの相手にケリガンのビッグプレー出るまで圧されてたというんでは、
首脳陣の能力にはどうにかこうにかの及第点位しかつけられませんな。

今年はNEとの対戦も組まれてますし、
ブレイディ相手に勝てとまでは申しませんが、
リストラデュオにまともに仕事されたら、
彼等を使いこなせなかった外れットの鼎の軽重は問われて然るべきでしょうな。
by 海象 (2011-09-16 20:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0