So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ワシントンに来ています

 私事で恐縮ですが、今、仕事でワシントンに来ております。さっそくNFLのプレーオフを満喫しています。昨晩は知人宅で見せてもらったのですが、NO対MINの劇的すぎる結末はしびれましたねー。あんな終わり方があるなんて。やっぱNFLサイコー。

 3週間ちょっとの長めの出張なんですが、一つ大失敗をしました。帰国フライトを2月4日にしちゃったんです。この日はなんとスーバーボウルの日。チケットをブックする時、すっかり忘れていました。

 スーバーボウルをアメリカで観戦せずして日本に帰らないといけないとは。しかも試合はフライトの真っ最中でライブ観戦もできないし。トホホ。その分、AFCとNFCのチャンピオンシップを満喫することにしますw




nice!(3)  コメント(0) 

7勝9敗でシーズン終了

 すみません、更新を長いこと怠ってました。日本に戻ってきてから、どうも感情移入しきれないです。唯一の息抜きであるアメフトに熱くなれないのは本当に寂しいです。

 さて、シーズンが7勝9敗で終わりました。試合をちょっとしか見ていないのですが、敗因を羅列してみると。。。

1)接戦の試合を勝てなかった
 特にKC、NO戦を落としたのが痛かった。この二つを勝っていれば、9勝7敗。

2)怪我人多すぎ
 インジャリーリザーブ20人! OLはスターターが3、4人不在というのが当たり前になり、ランは出ないし、バスプロはボロボロ。ディフェンスはドラ1DLアレンが離脱してから、ランディフェンスが崩壊。名前も聞いたことのないストリートFAがゴロゴロとスターターを占め、これではどうにもならないって感じでした。

 ただ、そこそこ実績のあるベテランを連れてこないで、無名選手でパッチワークを続けたフロントの姿勢は疑問。勝つ気あんの? あと、Sスエアリンジャーがチームメートの体調管理に不満を示す発言をしていたけど、チーム全体のコンディショニングはどうなってんの?

3)レシーバー陣のレベルダウン
 ガーソン、デショーンの両エースがFAで抜けたけど、何とかなると甘く見ていたのが失敗。プライアーの加入とドクトソンの成長で戦力ダウンは最小限に抑えられるとワタシも見ていたんですけどねえ。プライアーは全くフィットせず、ドクトソンもブレイクしきれず。肝心のTEリードも怪我ばっかり。

4)エースRBの不在
 ワタシはOLが良ければ、RBは誰でもいいという甘い考えをしていたんですけど、今年はさすがにRB陣が貧弱過ぎましたねえ(3rdダウンバックのトンプソンを除く)。FA市場に残っていたADあたりを獲りにいってもよかったんじゃないかなあ。PHIはブラントがいながら、アジャイをトレード補強して大成功していいたし。ブツブツ。

5)相変わらずランが止まらない
 毎度、これだけはダメですねえ。DLにはFAでそれなりに投資したのにまたしても失敗。ランに強いDIとザック・ブラウンクラスのILBがもう一人欲しいっす。


 近年、ドラフトがそこそこ当たっているので、8勝前後できるチームにはなってきました。オフの補強を当て、コンディショニングをしっかりやって怪我人をある程度抑えられれば、「プ」も狙えるチームだと思うんすけどねえ。

 で、オフの動きですが、最大の焦点はカズンズの去就。グルーデンの発言もどうしても引き留めたいって感じではないし、移籍が既定路線のような雰囲気になっているのが怖すぎる。ワタシはカズンズでSB狙えると本気で思っているので、フロントが移籍を許したら発狂しますw

※追記
もう一つ大切な敗因を書き忘れました。

6)OCショーン・マクベイの引き抜き
 やっぱこれは大きかったですよ。明らかに去年までのクリエイティブなオフェンスが消えましたもん。個人的にはグルーデンからマクベイに政権移譲できないものかと思ってましたが、難しかったですね。マクベイ抜擢でV字回復のラムズ、羨ましいw




nice!(3)  コメント(8) 

WEEK12グダグダ試合を制す

 最低1勝1敗でと思っていたMIN、NOとの2連戦に連敗し、へこんでいました。ファンじゃなきゃ絶対チャンネル変えてる、というようなNYGとのグダグダ試合を制し、プレーオフ戦線、辛うじて首の皮一枚つながりました。

スキンズ 20-10 ジャイアンツ

ハンパなかったNYGのグダグダぶり
 勝因はこれに尽きますね。こんなグダグダな試合をしていたら絶対に勝てないんだけど、NYGはそれ以上でした。リーグ最低レベルのウチのディフェンスにほぼ完封(10点のうち7点はピックシックス)されるなんて、NYGのオフェンスは悲惨の一言。後半、ウチのランが出始めると、解説の井上さんが「NYGディフェンスは足が止まっている」と指摘していましたが、集中力も失いつつある感じでした。HCマカドゥーは解任されるだろうなあ。

カズンズお見事
 パッチワークOLのパスプロが悲惨すぎて被サック6回。それでも集中力を切らさず、勝負所での2つのTDパスはしびれました。特にWRドクトソンに通した決勝TDパスは完璧の一言。グダグダ試合に勝てたのは、カズンズが最後までひたむきにプレーしていたから。ホントに頼もしい選手になりました。お願いだから、長期契約結んで~。

ランが出るようになった
 ドラ4ルーキーのRBピーラインが2試合連続で100ヤード超え。あの悲惨なOLで走れるんだから、本物でしょう。終盤戦に向け数少ない明るい材料。

 ただ、クリス・トンプソンの離脱はやっぱり痛すぎる。試合を観ながら、トンプソンがいたらなあ、と何度思ったことか。チェンジ・オブ・ペースができず、オフェンスが単調になってるなあ。

WRクラウダーのキレが復活
 シーズン序盤はグダグダだったけど、ようやくキレが戻ってきました。7キャッチ、141ヤード、1TD。アウトサイドのレシーバー陣とTEバーノン・デービスが封じ込められて苦しい展開を一人で打開していましたね。ミスマッチを徹底的に突いたプレーコールも良かったと思う。

 TEリードがハムを痛めて離脱しているだけに、クラウダー頼みの状況が続くでしょうね。

怪我人の多さはやっぱきつい
 カズンズが何度も何度も相手ディフェンスに投げ飛ばされるのを見て、怪我人の多さが致命傷であることを改めて痛感。この試合もOL3人が代役で、センターなんて名前も聞いたことのない選手でした。

 5勝6敗という成績に対して、コーチが悪いとか、いろいろな意見が出ているけど、こんだけ怪我人が多ければ、こんなもんでしょう、というのがワタシの率直な印象。ワタシのファン歴では、今年の怪我人の多さは最悪の部類でしょうね、間違いなく。

 残り5試合は対戦カードが比較的楽なので、5連勝すればプレーオフのチャンスがあると思うのですが、怪我人の多さが最大のネック。まだ望みは捨てていないけど、現実的には正直きついと思う。最低、LTトレントとTEリードの復活が必須でしょうね。
nice!(3)  コメント(0) 

カズンズの来季は?

 だいぶ時間が経ってしまったニュースですが、SFがNEのQBガロポロをトレードで獲得しました。カイル・シャナハン率いるSFは、カズンズの最有力の移籍先と言われ続けてきただけに、正直、このニュースを聞いて安堵しましたね。カズンズが移籍する可能性は大きく減ったと思います。ショーン・マクベイ率いるLARも移籍先の候補でしたが、ゴフの覚醒でその可能性もなくなったし。

 で、トレードの影響かどうかは分からないけど、カズンズからこんなコメントが飛び出しています。

SEAに勝利した後の発言
“The resiliency and the grit of this team is a reflection of the whole organization and it’s the kind of thing you can build on and do something with, not just in one season or one part of the season but hopefully for years to come.”

WRドクトソンについての発言
“I told him after we scored, ‘Let’s make sure this isn’t a one-and-done thing. Let’s make sure this is a repeatable thing and something that people expect to have happen not just next week, not just this season, but hopefully for seasons to come.’ That’s where the vision needs to be and then we have got to work in a way where that can become a reality.”

 ふ~む。どちらも今後数年にわかってスキンズでプレーしたいという気持ちがにじみ出ていますねえ。

 オフはチームを出たがっている雰囲気がプンプンだったのに、どうして変わってきたのか。総力戦となったSEA戦で劇的な勝利を収め、ハイになっていたことも大きいでしょうが、カズンズがチームの方向性に手ごたえを感じているのではないかと。オフのGM解任というゴタゴタからチーム全体が落ち着き、プレーオフ争いできる地力をつけている現状を見て、同じ釜の飯を食うチームメートとともに長くやりたい、純粋にそう思っているんじゃないかと。

 カズンズは本当にピュアな男なので、「お前にチームを託す!」と言えば必ず残ってくれるはず。なのに、まだ実績が足りないとか、相場より高いサラリーは出さないとか、ゴダゴダ言うから、事態がこじれちゃう。フロントがいつまでもトム様や兄者のような超超超スーパースターを欲しがっているからこんなことになる。

 たぶんファンの9割くらいはカズンズでいいと思っているはず。そもそも3年連続で安定した成績を残しているQBに長期オファーを出す出さないなんて議論していること自体がおかしいって。オフはフランチャイズQBに値するサラリーをガツンと払って、ビシッと長期契約を結んでほしい。ワタシは年25ミリオンまでは覚悟したぞw

 さて、話は変わってPFFにこんなデータが出ていました。
DI_PRP2017-768x432.png
 インサイドのパスラッシュトップ6に、なんとウチのドラ1アレンとアイオアナイディスが入っているじゃありませんか。素晴らしい。ずうっとインサイドからのプレッシャーが全くかからなかったことを思うと感無量。でも、2人ともケガで戦線離脱しているのが悲しい(涙)。アレンはIR入りしたけど、アイオアナイディスには早く復帰してもらいたい。
nice!(3)  コメント(4) 

WEEK9まさかの勝利

 どうせ負けただろうと思って大本営のサイトを覗いたら、なんとなんと。こんなこともあるんだ。

スキンズ 17-14 シーホークス

予言が当たった
 前回のエントリで「勝てるチャンスがあるとしたら、相手が4回ターンオーバーした場合のみ、かな」と書きました。SEAはラッセル・ウィルソンのINT2つとブレア・ウォルシュのFGミス3つ。ウチがファンブルロスト1つ。FGミスも事実上のターンオーバーと解釈すると、ターンオーバーディフェレンシャルは+4。ピッタリじゃないですか。ふふふ。

 スキンズファンは自滅で負けることは嫌というほど見てきたけど、相手の自滅で勝つなんてほとんど記憶ないっす。

それにしてもよく勝った
 ・主力が怪我でごそっと欠場
 ・OLはスターターが4人欠場
 ・トータルネットヤードは相手が200ヤード近く多い
 ・被サック6回

 OL陣はRTモーゼス以外はみんな代役で、名前もほとんど聞いたことのない選手ばかり。開幕ロースターカットされていたアリー・クアンジョーがいつの間にか戻っていたのね。

 ランは出ないし、カズンズはかなりプレッシャーを受けていた感じ。レシーバーもWRクラウダーとTEリードが欠場で、誰に投げればいいの、てな状態。このメンツではどうあがいても20点取れないだろうねえ。ホント、これでよく勝ったもんだ。

カズンズの根性を見た
 ハイライトで一番しびれたのは、最後のウイニングドライブでWRブライアン・クイックに通したパス。ヒットされるのを覚悟して、パスラッシュをギリギリまで引き付けて投げてました。コンマ何秒待てば通せると即座に判断したのは素晴らしいしかいいようがないです。

 続くWRドクトソンのミラクルキャッチもすごかったですな。やっとドラ1の本領発揮、と言いたいところだけど、お前に対する期待はもっと大きい。そろそろ1試合100ヤード越えも見せてくれ。

プレーオフ戦線に踏みとどまる
 これで4勝4敗。負けていたら3勝5敗になっていただけに、ラッキーな勝利とはいえ、その意味は限りなく大きいです。大本営もRedskins save seasonと書いてましたね。

 続くMIN、NOとの2試合が正念場。これを1勝1敗で乗り切れたら、終盤は比較的対戦カードが楽なので、まだまだチャンスはあると思う。怪我している主力の復帰が必須条件だけど。
nice!(2)  コメント(3) 
前の5件 | -