So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

カズンズの来季は?

 だいぶ時間が経ってしまったニュースですが、SFがNEのQBガロポロをトレードで獲得しました。カイル・シャナハン率いるSFは、カズンズの最有力の移籍先と言われ続けてきただけに、正直、このニュースを聞いて安堵しましたね。カズンズが移籍する可能性は大きく減ったと思います。ショーン・マクベイ率いるLARも移籍先の候補でしたが、ゴフの覚醒でその可能性もなくなったし。

 で、トレードの影響かどうかは分からないけど、カズンズからこんなコメントが飛び出しています。

SEAに勝利した後の発言
“The resiliency and the grit of this team is a reflection of the whole organization and it’s the kind of thing you can build on and do something with, not just in one season or one part of the season but hopefully for years to come.”

WRドクトソンについての発言
“I told him after we scored, ‘Let’s make sure this isn’t a one-and-done thing. Let’s make sure this is a repeatable thing and something that people expect to have happen not just next week, not just this season, but hopefully for seasons to come.’ That’s where the vision needs to be and then we have got to work in a way where that can become a reality.”

 ふ~む。どちらも今後数年にわかってスキンズでプレーしたいという気持ちがにじみ出ていますねえ。

 オフはチームを出たがっている雰囲気がプンプンだったのに、どうして変わってきたのか。総力戦となったSEA戦で劇的な勝利を収め、ハイになっていたことも大きいでしょうが、カズンズがチームの方向性に手ごたえを感じているのではないかと。オフのGM解任というゴタゴタからチーム全体が落ち着き、プレーオフ争いできる地力をつけている現状を見て、同じ釜の飯を食うチームメートとともに長くやりたい、純粋にそう思っているんじゃないかと。

 カズンズは本当にピュアな男なので、「お前にチームを託す!」と言えば必ず残ってくれるはず。なのに、まだ実績が足りないとか、相場より高いサラリーは出さないとか、ゴダゴダ言うから、事態がこじれちゃう。フロントがいつまでもトム様や兄者のような超超超スーパースターを欲しがっているからこんなことになる。

 たぶんファンの9割くらいはカズンズでいいと思っているはず。そもそも3年連続で安定した成績を残しているQBに長期オファーを出す出さないなんて議論していること自体がおかしいって。オフはフランチャイズQBに値するサラリーをガツンと払って、ビシッと長期契約を結んでほしい。ワタシは年25ミリオンまでは覚悟したぞw

 さて、話は変わってPFFにこんなデータが出ていました。
DI_PRP2017-768x432.png
 インサイドのパスラッシュトップ6に、なんとウチのドラ1アレンとアイオアナイディスが入っているじゃありませんか。素晴らしい。ずうっとインサイドからのプレッシャーが全くかからなかったことを思うと感無量。でも、2人ともケガで戦線離脱しているのが悲しい(涙)。アレンはIR入りしたけど、アイオアナイディスには早く復帰してもらいたい。




nice!(3)  コメント(4) 

WEEK9まさかの勝利

 どうせ負けただろうと思って大本営のサイトを覗いたら、なんとなんと。こんなこともあるんだ。

スキンズ 17-14 シーホークス

予言が当たった
 前回のエントリで「勝てるチャンスがあるとしたら、相手が4回ターンオーバーした場合のみ、かな」と書きました。SEAはラッセル・ウィルソンのINT2つとブレア・ウォルシュのFGミス3つ。ウチがファンブルロスト1つ。FGミスも事実上のターンオーバーと解釈すると、ターンオーバーディフェレンシャルは+4。ピッタリじゃないですか。ふふふ。

 スキンズファンは自滅で負けることは嫌というほど見てきたけど、相手の自滅で勝つなんてほとんど記憶ないっす。

それにしてもよく勝った
 ・主力が怪我でごそっと欠場
 ・OLはスターターが4人欠場
 ・トータルネットヤードは相手が200ヤード近く多い
 ・被サック6回

 OL陣はRTモーゼス以外はみんな代役で、名前もほとんど聞いたことのない選手ばかり。開幕ロースターカットされていたアリー・クアンジョーがいつの間にか戻っていたのね。

 ランは出ないし、カズンズはかなりプレッシャーを受けていた感じ。レシーバーもWRクラウダーとTEリードが欠場で、誰に投げればいいの、てな状態。このメンツではどうあがいても20点取れないだろうねえ。ホント、これでよく勝ったもんだ。

カズンズの根性を見た
 ハイライトで一番しびれたのは、最後のウイニングドライブでWRブライアン・クイックに通したパス。ヒットされるのを覚悟して、パスラッシュをギリギリまで引き付けて投げてました。コンマ何秒待てば通せると即座に判断したのは素晴らしいしかいいようがないです。

 続くWRドクトソンのミラクルキャッチもすごかったですな。やっとドラ1の本領発揮、と言いたいところだけど、お前に対する期待はもっと大きい。そろそろ1試合100ヤード越えも見せてくれ。

プレーオフ戦線に踏みとどまる
 これで4勝4敗。負けていたら3勝5敗になっていただけに、ラッキーな勝利とはいえ、その意味は限りなく大きいです。大本営もRedskins save seasonと書いてましたね。

 続くMIN、NOとの2試合が正念場。これを1勝1敗で乗り切れたら、終盤は比較的対戦カードが楽なので、まだまだチャンスはあると思う。怪我している主力の復帰が必須条件だけど。




nice!(2)  コメント(3) 

WEEK8ボロボロ

スキンズ 19-33 カウボーイズ

 OLとDL陣に怪我人が続出していたので(OLはスターター3人がアウト)、かなり苦しい展開になるだろうとは思ってました。案の定、カズンズはプレッシャーを受けまくり、エリオットには走られまくりました。

 こういう展開でもミスなくきちっとゲームメイクしていけば勝機はあるのに、ターンオーバー連発で自滅しました。特にFGブロックからビッグリターンされたのが致命的。FGをきっちり決めていれば、16-7で9点リードになっていたのに、13-14と逆にリードされる展開に。これでもう勝てる気はしなくなりましたね。

 それにしてもエリオットには走られ過ぎ。何であんなに簡単に走られるかねえ。次の試合から6試合の出場停止処分が始まるというのにもムカついた。

 次はアウェーでSEA戦。ただでさえ勝てる気が全くしないのに、怪我人続出で大変なことになってます。

アウト4人
Gロヴァオ、TEリード、TEポール、DLアイオアナイディス

ダウトフル3人
Tトレント、Cロング、Tエンセキ

クエスチョナブル6人
RBケリー、WRクラウダー、Gシャーフ、LBスペイト、CBブリーランド、Sニコルソン

 アウトとダウトフルで7人。これだけでインアクティブ枠が全部埋まっちゃいます。こんなに怪我人が多いのは、ワタシのファン歴でもほとんど記憶にないです。相変わらず悲惨なのがOL陣で、シャーフがQ組まで戻ってきたと思ったら、今度はロヴァオがアウト。今週もスターター3人がアウトになりそう。

 DL陣はアレンのIR入りに続き、アイオアナイディスの離脱が痛すぎる。デプスが悲惨すぎるので、ベテランDLアーサー・ジョーンズを緊急補強。それでもヤバすぎる。SホールがPUPリストからアクティブになり、いきなり出番がありそう。

 どうあがいても勝てる気がしない。勝てるチャンスがあるとしたら、相手が4回ターンオーバーした場合のみ、かな。
nice!(3)  コメント(0) 

WEEK7完敗

 地区優勝を狙うには絶対に負けられない試合だったけど、攻守ともに力負け。う~ん、PHIの強さがこれほどとは。

スキンズ 24-34 イーグルス

ウェンツやばい
 もうリーグ五指に入るQBじゃないですかね。素人のワタシには悪いところが全く見当たらない。コントロール、肩の強さ、ビジョン、モビリティー、リーダーシップ、そして持っている感、すべてが完璧に近いレベル。

 実は前半のロングボムTDパスで同点に追いつかれた時点で「もうコイツには何をやっても勝てない」って思っちゃいました。もう一つ衝撃的だったのは、後半、ウチのディフェンスが捕まえたのにスルスルと逃げてロングゲインした場面。乗っている選手って何をやってもうまくんだろうけどムカついた。

 DALのプレスコットとPHIのウェンツと、NFC東のQBのレベルが急激にアップしちゃいました。今後10年くらい(それ以上?)こいつらと向き合うのはしんどいです。

波に乗れないオフェンス
 両チームともディフェンスが頑張ってQBにプレッシャーをかけ続けていましたが、PHIはスラントパスを使ってうまくプレッシャーをかわし、攻撃にリズムを生んでいたのが印象的でした。ウチもプレッシャーをかわすプレーをどんどん織り交ぜたらいいのに、ちょっと正攻法すぎたかな。でも、向こうはRBクリス・トンプソンへのパスもゲインを最小限に抑えていたし、相手のディフェンスがはるかに上でした。

 調子が上がらないプライアーに代えてドクトソンを先発させたけど、起爆剤にはならず。クラウダーも相変わらずスランプで、去年までのキレは皆無。またPRでファンブルやらかしたし。ストリートFAにバリバリやれるレシーバー、残ってないっすかね?

怪我人が増えてきた
 SF戦で負傷したドラ1DEアレンがIR入りしたのはショックだったけど、さらにPHI戦では怪我人が増えました。特にOL陣がやばい。ちょくちょくケガするLTトレントとRTモーゼスに加え、鉄人と思っていたRGシャーフまでケガしたというのはショック。みんなすぐにIR入りするわけではないけど、バイウィークもすぎちゃったし、この野戦病院っぷりはかなり心配。

NEXT
 PHIに2連敗し、地区優勝はかなり厳しくなりました。WC争いに生き残るためにも次のDAL戦も正念場。エリオット、出てくるらしいですね。コイツの出場停止処分、いつになったら発動されるの?

 今季のライブ観戦は0勝2敗。そろそろ勝ちゲームを見たいっす。
nice!(3)  コメント(2) 

WEEK6ギリギリ逃げ切り勝ち

 0勝5敗のSFを侮る気持ちは全くなかったけど、バイ明けのホームゲームなのでさっくり勝ってほしかった。ハイライトしか見てないけど、ヒヤヒヤ。最後のSFのドライブ、FGレンジまで持ち込まれていたらと思うとぞっとする。

スキンズ 26-24 ナイナーズ

 KC戦もそうだったけど、序盤はドミネイトしながら、流れを持っていかれちゃう、何がいけないんですかねえ。相手がアジャストしてきたら、さらにウチもアジャストする、というのができないのかなあ。

 良かったと思ったのは、RBトンプソンへのスクリーンパスを多用したこと。KC戦で1回も使わなかったのはアホでした。何回ターゲットになったか知らないけど、ハイライトを見る限り、トンプソンに投げておけば、すべてロングゲイン。LBのスピードでは全然ついていけない。

 オフェンスで目立つのは、トンプソンとTEだけで、WR陣の存在感の薄さは相変わらず。エースと呼べるレシーバーがいないのがツライ。

 それでも次のPHI戦を前に勝ち星を拾えた意義は限りなく大きいです。楽勝して浮かれるより、気を引き締められるほうが良かったと考えますかね。

 次のPHI戦は今季一番大事な試合。既に1回負けているので、次も負けたら地区優勝が遠ざかります。地区内を快走するPHIだけど、そろそろ他チームがアジャストできる頃じゃないかと期待。
nice!(2)  コメント(3) 
前の5件 | -